CreateRectRgn

https://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/cc428944.aspx

長方形のリージョンを作成します。

HRGN CreateRectRgn(
  int nLeftRect,   // 左上隅の x 座標
  int nTopRect,    // 左上隅の y 座標
  int nRightRect,  // 右下隅の x 座標
  int nBottomRect  // 右下隅の y 座標
);

パラメータ

nLeftRect
長方形の左上隅の x 座標を論理単位で指定します。
nTopRect
長方形の左上隅の y 座標を論理単位で指定します。
nRightRect
長方形の右下隅の x 座標を論理単位で指定します。
nBottomRect
長方形の右下隅の y 座標を論理単位で指定します。

戻り値

関数が成功すると、リージョンのハンドルが返ります。

関数が失敗すると、NULL が返ります。

Windows NT/2000:拡張エラー情報を取得するには、 関数を使います。

解説

長方形の右辺と下辺はリージョンに含まれません。

対応情報

Windows NT/2000:Windows NT 3.1 以降
Windows 95/98:Windows 95 以降
ヘッダー:Wingdi.h 内で宣言、Windows.h をインクルード
インポートライブラリ:Gdi32.lib を使用

参照

CreateRectRgnIndirect, CreateRoundRectRgn, DeleteObject, SelectObject

表示: