Visual Studio 2017 を使用することをお勧めします

OpenTextFile メソッド

指定したファイルを開き、開いたファイルの読み取り、または追加書き込みに使用できる TextStream オブジェクトを返します。

object.OpenTextFile(filename[, iomode[, create[, format]]])

引数

object
必ず指定します。FileSystemObject オブジェクトの名前を指定します。
filename
必ず指定します。作成するファイルの名前を表す文字列式を指定します。
iomode
省略可能です。指定する値については、次の「設定値」を参照してください。
create
省略可能です。引数 filename で指定したファイルが存在しなかった場合に新しいファイルを作成するかどうかを示すブール値を指定します。新しいファイルを作成する場合は真 (true) を、ファイルを作成しない場合は偽 (false) を指定します。省略した場合、新しくファイルは作成されません。
format
省略可能です。開くファイルの形式を示す値を指定します。指定する値については、次の「設定値」を参照してください。省略した場合、ASCII ファイルとしてファイルが開かれます。

設定値

引数 iomode の設定値は次のとおりです。

定数内容
ForReading1ファイルを読み取り専用として開きます。このファイルには書き込むことができません。
ForWriting2ファイルを書き込み専用として開きます。
ForAppending8ファイルを開き、ファイルの最後に追加して書き込みます。

引数 format の設定値は次のとおりです。

内容
TristateTrueファイルを Unicode ファイルとして開きます。
TristateFalseファイルを ASCII ファイルとして開きます。
TristateUseDefaultシステム デフォルトを使ってファイルを開きます。

解説

次のコードは、OpenTextFile メソッドを使用して、テキストを追加するためにファイルを開く方法を示します。

var fs, a, ForAppending;
ForAppending = 8;
fs = new ActiveXObject("Scripting.FileSystemObject");
a = fs.OpenTextFile("c:\\testfile.txt", ForAppending, false);
...
a.Close();
[VBScript]
Sub OpenTextFileTest
   Const ForReading = 1, ForWriting = 2, ForAppending = 8
   Dim fso, f
   Set fso = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
   Set f = fso.OpenTextFile("c:\testfile.txt", ForWriting, True)
   f.Write "Hello world!"
   f.Close
End Sub

参照

CreateTextFile メソッド | OpenAsTextStream メソッド

対象: FileSystemObject オブジェクト

表示: