DrawIcon

https://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/cc428944.aspx

指定されたデバイスコンテキスト内で、1 個のアイコンまたはカーソル(マウスカーソル)を描画します。

追加の描画オプションを指定するには、DrawIconEx 関数を使ってください。

BOOL DrawIcon(
  HDC hDC,      // デバイスコンテキストのハンドル
  int X,        // 左上隅の x 座標
  int Y,        // 左上隅の y 座標
  HICON hIcon   // アイコンのハンドル
);

パラメータ

hDC
アイコンまたはカーソルの描画先となるデバイスコンテキストのハンドルを指定します。
X
アイコンの左上隅の x 座標を論理単位で指定します。
Y
アイコンの左上隅の y 座標を論理単位で指定します。
hIcon
描画対象のアイコンのハンドルを指定します。

戻り値

関数が成功すると、0 以外の値が返ります。

関数が失敗すると、0 が返ります。拡張エラー情報を取得するには、 関数を使います。

解説

DrawIcon 関数は、X Y の各パラメータが指定する位置に、アイコンの左上隅を合わせます。この位置は、デバイスコンテキストの現在のマッピングモードに依存します。

対応情報

Windows NT/2000:Windows NT 3.1 以降
Windows 95/98:Windows 95 以降
ヘッダー:Winuser.h 内で宣言、Windows.h をインクルード
インポートライブラリ:User32.lib を使用

参照

CreateIcon, DrawIconEx, LoadIcon

表示: