ADO Version 2.6

目的

Microsoft® ActiveX® データ オブジェクト (ADO) を使用すると、OLE DB プロバイダを通してデータベース サーバー上のデータへのアクセスと操作を行うための、クライアント アプリケーションを作成することができます。ADO の主な利点は、使用が簡単で、高速に動作し、メモリのオーバーヘッドが小さく、ディスクの使用量が少ないことです。ADO では、クライアント/サーバー アプリケーションおよび Web ベース アプリケーションを構築するための重要な機能がサポートされています。

RDS

ADO は、サーバーからクライアント アプリケーションまたは Web ページへのデータの移動、クライアント上のデータの操作、サーバーへ更新を返すなど、リモート データ サービス (RDS) の機能も備えています。

ADO MD

Microsoft ActiveX Data Objects (Multidimensional) (ADO MD) は、Microsoft Visual Basic®、Microsoft Visual C++®、Microsoft® Visual J++® などの言語から多次元データに簡単にアクセスする手段を提供します。ADO MD は、Microsoft ActiveX Data Objects (ADO) を拡張して、CubeDef オブジェクトや Cellset オブジェクトなどの多次元データ用オブジェクトを使用できるようにします。ADO MD を使用すると、多次元スキーマを参照し、キューブのクエリ結果を取得することができます。

ADO MD では、ADO のように、データへのアクセスを得るために、下層の OLE DB プロバイダが使用されます。ADO MD を使用して作業するには、プロバイダは、OLAP 定義のための OLE DB で定義された多次元データ プロバイダ (MDP) である必要があります。MDP は、表形式ビューのデータを表す表形式のデータ プロバイダ (TDP) とは対照的に、多次元ビューのデータを表します。特定の構文およびプロバイダがサポートする動作の詳細については、OLAP OLE DB プロバイダのマニュアルを参照してください。

ADOX

Microsoft ActiveX Data Objects Extensions for Data Definition Language and Security (ADOX) は、ADO オブジェクトおよびプログラミング モデルの拡張機能です。ADOX では、セキュリティに加え、スキーマの作成および修正のためのオブジェクトが含まれます。オブジェクト ベースの手法によりスキーマ操作を行うので、ソースコードの違いにかかわらず、さまざまなデータ ソースに対して動作するコードを記述することができます。

ADOX は、コア ADO オブジェクトに付随するライブラリです。テーブルやプロシージャなどのスキーマ オブジェクトの作成、修正、および削除のための追加オブジェクトが公開されます。これにはまた、ユーザーおよびグループを保持し、オブジェクトに対する権限を与えたり取り消すためのセキュリティ オブジェクトも含まれます。

ADO 2.6 のメイン コンポーネント

プログラマーズ ガイド

ADO、RDS、ADO MD、および ADOX の使用方法について紹介します。

プログラマーズ リファレンス

ここには、ADO、RDS、ADO MD、および ADOX の各オブジェクト、コレクション、プロパティ、ダイナミック プロパティ、メソッド、イベント、および列挙に関するトピックが含まれています。

サンプル

Visual Basic、Visual Basic Scripting Edition、Visual C++、および Visual J++ で記述されたサンプル アプリケーションおよびコード例です。

フィードバック

ADO のマニュアルまたはサンプルについてのフィードバックを、ADO マニュアル チームに直接送ることができます。

関連項目

  • ADO Technical Articles
  • JRO
  • OLE DB
表示: