メッセージ キュー構造体

メッセージ キューでは、メッセージ、キュー、キュー マネージャ、パーソナル コンピュータ プロパティ用の構造体と共に、キューを検索するためのデータの構造体が使用されます。

メッセージ キュー構造体には次のものがあります。

構造体 説明
aPropID 対応するキュー プロパティ、メッセージ プロパティ、およびコンピュータ プロパティの識別子を指定します。
APropVar 対応するキュー プロパティ、メッセージ プロパティ、およびコンピュータ プロパティの値を指定します。
aStatus オプション。対応するキュー プロパティ、メッセージ プロパティ、およびコンピュータ プロパティの状態を指定します。これにはメッセージ キューから返されたエラーも含まれます。
MQCOLUMNSET 各キューから取得するキュー プロパティの数とプロパティ識別子を指定します。
MQMGMTPROPS キュー プロパティとコンピュータ管理プロパティのセットを指定します。
MQMSGPROPS メッセージ プロパティのセットを指定します。
MQPRIVATEPROPS ローカル コンピュータ プロパティのセットを指定します。
MQPROPERTYRESTRICTION クエリで使用する、プロパティに対する制限を定義します。
MQQMPROPS キュー マネージャ プロパティのセットを指定します。
MQQUEUEPROPS キュー プロパティのセットを指定します。
MQRESTRICTION クエリ内のキューを検索するために使用するプロパティを示します。
MQSORTKEY キューのクエリで使用する個々の並べ替えキーを指定します。
MQSORTSET キューのクエリで使用する並べ替えキーを指定します。
MQPROPVARIANT プロパティ値の設定を格納します。

 

表示: