Visual Studio 2017 を使用することをお勧めします

RegExp オブジェクト

正規表現の機能を提供します。

解説

次のコードは、RegExp オブジェクトの使用例です。

Function RegExpTest(patrn, strng)
   Dim regEx, Match, Matches   ' 変数を作成します。
   Set regEx = New RegExp   ' 正規表現を作成します。
   regEx.Pattern = patrn   ' パターンを設定します。
   regEx.IgnoreCase = True   ' 大文字と小文字を区別しないように設定します。
   regEx.Global = True   ' 文字列全体を検索するように設定します。
   Set Matches = regEx.Execute(strng)   ' 検索を実行します。
   For Each Match in Matches   ' Matches コレクションに対して繰り返し処理を行います。
      RetStr = RetStr & "一致する文字列が見つかった位置は、"
      RetStr = RetStr & Match.FirstIndex & " です。一致した文字列は、"
      RetStr = RetStr & Match.Value & " です。" & vbCRLF
   Next
   RegExpTest = RetStr
End Function
MsgBox(RegExpTest("is.", "IS1 is2 IS3 is4"))

プロパティとメソッド

Regular Expression オブジェクトのプロパティとメソッド

必要条件

バージョン 5

参照

Match オブジェクト | Matches コレクション

表示: