Visual Studio 2017 を使用することをお勧めします

TypeName 関数

指定された変数に関するバリアント サブタイプ情報を提供する文字列を返します。

TypeName(varname)

必ず指定します。引数 varname は任意の変数を指定します。

戻り値

TypeName 関数の戻り値は次のとおりです。

内容
バイト型バイト値
整数型整数
長整数型長整数
単精度浮動小数点数型単精度浮動小数点数
倍精度浮動小数点数型倍精度浮動小数点数
通貨型 (Currency)通貨値
Decimal10 進数
日付型 (Date)日付と時間の値
文字列型文字列
ブール型 (Boolean)ブール値。真 (True) または偽 (False)
Empty 値未初期化
Null 値無効な値
<object type>実際のオブジェクトの種類の名前
オブジェクト型オブジェクト
Unknownオブジェクトの種類が不明なオブジェクト
Nothingオブジェクトを参照していないオブジェクト変数
エラー型エラー型

解説

次のコードは、TypeName 関数を使って変数に関する情報を返す例です。

Dim ArrayVar(4), MyType
NullVar = Null   ' Null 値を割り当てます。

MyType = TypeName("VBScript")   ' "String" を返します。
MyType = TypeName(4)            ' "Integer" を返します。
MyType = TypeName(37.50)        ' "Double" を返します。
MyType = TypeName(NullVar)      ' "Null" を返します。
MyType = TypeName(ArrayVar)     ' "Variant()" を返します。

必要条件

バージョン 2

参照

IsArray 関数 | IsDate 関数 | IsEmpty 関数 | IsNull 関数 | IsNumeric 関数 | IsObject 関数 | VarType 関数

表示: