Visual Studio 2017 を使用することをお勧めします

TimeSerial 関数

引数に指定された時、分、秒に対応する時刻を含むバリアント型 (内部処理形式が日付型 (Date) の Variant) の値を返します。

TimeSerial(hour, minute, second)

引数

hour
時を表す 0 (12:00 AM) ~ 23 (11:00 PM) の範囲の数値または任意の数式を指定します。
minute
任意の数式を指定します。
second
任意の数式を指定します。

解説

時刻を指定するには、11:59:59 のように TimeSerial 関数の引数が、それぞれ正しい範囲内にある必要があります。時の範囲は 0 ~ 23、分および秒の範囲は 0 ~ 59 です。また、ある時刻からの相対的な時、分、および秒を表す数式を引数に指定することもできます。

次のコード例では、直接日付を指定せずに、式を用いて相対的に指定しています。正午の 6 時間前 (12 - 6) から 15 分前 (-15) の時刻である午前 5:45:00 を返します。

Dim MyTime1
MyTime1 = TimeSerial(12 - 6, -15, 0) ' 5:45:00 AM を返します。

各引数に指定する値が正しい範囲内にない場合、指定された値は引数に従って加算されます。たとえば、引数 minute に 75 を指定すると、1 時間と 15 分として扱われます。ただし、各引数の値が -32,768 ~ 32,767 の範囲を超える場合、またはこの 3 つの引数で指定した時刻が、時刻の正しい範囲内にない場合は、エラーが発生します。

必要条件

バージョン 1

参照

DateSerial 関数 | DateValue 関数 | Hour 関数 | Minute 関数 | Now 関数 | Second 関数 | TimeValue 関数

表示: