Visual Studio 2017 を使用することをお勧めします

JScript の予約語

JScript には、識別子としては使用できない多くの予約語があります。予約語は言語構文の一部であるため、JScript 言語で特別な意味があります。予約語を使用すると、スクリプトをロードしたときにコンパイル エラーが発生します。

JScript では、将来的に使用される予定の予約語の一覧も用意されています。これらの予約語は、現時点では JScript 言語の一部ではありませんが、将来使用される語として予約されています。

予約語

breakdeletefunctionreturntypeof
casedoifswitchvar
catchelseinthisvoid
continuefalseinstanceofthrowwhile
debuggerfinallynewtruewith
defaultfornulltry 

将来的に使用される予約語

abstractdoublegotonativestatic
booleanenumimplementspackagesuper
byteexportimportprivatesynchronized
charextendsintprotectedthrows
classfinalinterfacepublictransient
constfloatlongshortvolatile

識別子を選択する場合には、JScript の組み込みオブジェクトや関数名として既に使用されている語を使わないように十分に注意してください。たとえば、String または parseInt などは選択できません。

表示: