Catalog オブジェクト

データ ソースのスキーマ カタログを表すコレクション (TablesViewsUsersGroups、および Procedures) を含みます。

解説

オブジェクトを追加または削除して、あるいは既存のオブジェクトを修正することで、Catalog オブジェクトを修正できます。プロバイダによっては、Catalog オブジェクトの一部をサポートしているもの、またはスキーマ情報の表示のみをサポートしているものもあります。

Catalog オブジェクトのプロパティおよびメソッドを使用すると、次のことができます。

  • ActiveConnection プロパティを ADO Connection オブジェクトまたは有効な接続文字列に設定して、カタログを開きます。
  • Create メソッドで、新規カタログを作成します。
  • GetObjectOwner および SetObjectOwner メソッドで、Catalog 内のオブジェクトの所有者を設定します。

関連項目

Catalog ActiveConnection プロパティの例 (VB) | Command、CommandText プロパティの例 (VB) | Connection Close メソッド、Table Type プロパティの例 (VB) | Create メソッドの例 (VB) | Keys Append メソッドと Key Type、RelatedColumn、RelatedTable、UpdateRule プロパティの例 (VB) | Parameters コレクション、Command プロパティの例 (VB) | ParentCatalog プロパティの例 (VB) | Procedures Append メソッドの例 (VB) | Procedures Delete メソッドの例 (VB) | Procedures Refresh メソッドの例 (VB) | Views、Fields コレクションの例 (VB) | Views Append メソッドの例 (VB) | Views コレクション、CommandText プロパティの例 (VB) | Views Delete メソッドの例 (VB) | Views Refresh メソッドの例 (VB)

プロパティ、メソッド、およびイベント | Groups コレクション | Procedures コレクション | Tables コレクション | Users コレクション | Views コレクション

表示: