DirectShow でサポートされるフォーマット

DirectShow はオープン アーキテクチャである。つまり、解析およびデコードを行うフィルタがある限り、どのようなフォーマットでもサポートできる。Microsoft が提供するフィルタは、DirectShow を通じて再頒布されるものであっても、Windows オペレーティング システムのコンポーネントとして提供されるものであっても、以下のファイル フォーマットと圧縮フォーマットをデフォルトでサポートする。

注   アスタリスク (*) は、DirectShow アプリケーションも Windows Media™ Format SDK を使ってこのフォーマットをサポートしなければならないことを示す。詳細については、MSDN ライブラリの「Audio and Video」、あるいは DirectX Developer CenterWindows Media Developer Center を参照すること。

ファイル タイプ

  • Windows Media™ Audio (WMA)*
  • Windows Media™ Video (WMV)*
  • ASF (Advanced Systems Format)*
  • Motion Picture Experts Group (MPEG)
  • Audio-Video Interleaved (AVI)
  • QuickTime (version 2 以前)
  • WAV
  • AIFF
  • AU
  • SND
  • MIDI

圧縮フォーマット

  • Windows Media Video*
  • ISO MPEG-4 video version 1.0*
  • Microsoft MPEG-4 version 3*
  • Sipro Labs ACELP*
  • Windows Media Audio*
  • MPEG Audio Layer-3 (MP3) (圧縮解除のみ)
  • デジタル ビデオ (DV)
  • MPEG-1
  • MJPEG
  • Cinepak

Microsoft では、MPEG-2 デコーダを提供していない。いくつかの DirectShow 互換ハードウェアとソフトとウェアの MPEG-2 デコーダが、サード パーティから利用可能である。

DirectShow アプリケーションで再頒布するために、サード パーティの CODEC が利用可能かどうかについては、CODEC の製造元に問い合せること。

表示: