DirectShow の概要

Microsoft® DirectShow® は、Microsoft Windows® プラットフォームにおけるメディア ストリーミングのアーキテクチャである。DirectShow は、マルチメディア ストリームの高品質なキャプチャと再生を実現する。サポートするフォーマットは広範囲にわたり、ASF (Advanced Systems Format)、MPWG (Motion Picture Experts Group)、AVI (Audio-Video Interleaved)、MP3 (MPEG Audio Layer-3)、WAV サウンド ファイルを含む。WDM (Windows Driver Model) デバイスおよび従来の Video for Windows デバイスを使ったキャプチャをサポートする。DirectShow は、他の DirectX テクノロジと統合されている。DirectShow は、ビデオおよびオーディオ アクセラレーション ハードウェアが使用可能な場合にはハードウェアを自動的に検出して使うが、アクセラレーション ハードウェアのないシステムもサポートしている。

DirectShow では、メディア再生、フォーマット変換、キャプチャの作業を簡単に行える。同時に、カスタム ソリューションを必要とするアプリケーションに対し、基盤となるストリーム制御アーキテクチャへのアクセスを提供する。新しいフォーマットまたはカスタム エフェクトをサポートする独自の DirectShow コンポーネントを作成することもできる。

DirectShow を使って作成できるアプリケーションの種類の例として、DVD プレーヤ、ビデオ編集アプリケーション、AVI から ASF へのコンバータ、MP3 プレーヤ、デジタル ビデオ キャプチャ アプリケーションがある。

DirectShow は COM (Component Object Model) に基づいている。DirectShow アプリケーションを作成するには、COM クライアント プログラミングを理解している必要がある。ほとんどのアプリケーションでは、独自の COM オブジェクトを実装する必要はない。DirectShow にはユーザーが必要とするコンポーネントが用意されている。ただし、独自のコンポーネントを作成して DirectShow を拡張する場合は、コンポーネントを COM オブジェクトとして実装する必要がある。

ここでは次の内容について説明する。

表示: