GetWindowRect

https://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/ms536136.aspx https://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/cc428944.aspx https://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/ms536136.aspx

指定されたウィンドウの左上端と右下端の座標をスクリーン座標で取得します。スクリーン座標は、表示画面の左上端が (0,0) となります。

BOOL GetWindowRect(
  HWND hWnd,      // ウィンドウのハンドル
  LPRECT lpRect   // ウィンドウの座標値
);

パラメータ

hWnd
ウィンドウのハンドルを指定します。
lpRect
構造体へのポインタを指定します。この構造体の left メンバと top メンバに、スクリーン座標でのウィンドウ左上端の座標が入ります。right メンバと bottom メンバには、ウィンドウの右下端の座標が入ります。

戻り値

関数が成功すると、0 以外の値が返ります。

関数が失敗すると、0 が返ります。拡張エラー情報を取得するには、 関数を使います。

対応情報

Windows NT/2000:Windows NT 3.1 以降
Windows 95/98:Windows 95 以降
ヘッダー:Winuser.h で宣言、Windows.h をインクルード
インポートライブラリ:User32.lib を使用

参照

GetClientRect,

表示: