GetCursorPos

https://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/ms536119.aspx https://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/cc428944.aspx https://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/ms536119.aspx

マウスカーソル( マウスポインタ)の現在の位置に相当するスクリーン座標を取得します。

BOOL GetCursorPos(
  LPPOINT lpPoint   // カーソルの位置
);

パラメータ

lpPoint
[出力]マウスカーソルの位置に相当するスクリーン座標を受け取る 構造体へのポインタを指定します。

戻り値

関数が成功すると、0 以外の値が返ります。

関数が失敗すると、0 が返ります。拡張エラー情報を取得するには、 関数を使います。

解説

マウスカーソルの位置は常にスクリーン座標で与えられ、マウスカーソルが表示されているウィンドウのマッピングモードには影響されません。

呼び出し側のプロセスは、ウィンドウステーションへの WINSTA_READATTRIBUTES アクセス権を備えていなければなりません。

対応情報

Windows NT/2000:Windows NT 3.1 以降
Windows 95/98:Windows 95 以降
ヘッダーファイル:Winuser.h 内で宣言、Windows.h をインクルード
インポートライブラリ:User32.lib を使用

参照

ClipCursor, GetCursorInfo, , SetCursor, SetCursorPos, ShowCursor

表示: