GetClientRect

https://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/ms536136.aspx https://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/cc428944.aspx https://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/ms536136.aspx

ウィンドウのクライアント領域の左上端と右下端の座標を返します。座標は、クライアント座標で返されます。クライアント座標はクライアント領域の左上端からの相対座標なので、左上端の座標は常に (0,0) となります。

BOOL GetClientRect(
  HWND hWnd,      // ウィンドウのハンドル
  LPRECT lpRect   // クライアント座標
);

パラメータ

hWnd
クライアント領域の座標を取得するウィンドウのハンドルを指定します。
lpRect
構造体へのポインタを指定します。この構造体にクライアント領域の座標が格納されます。left メンバと top メンバは 0 になります。right メンバと bottom メンバは、クライアント領域の幅と高さになります。

戻り値

関数が成功すると、0 以外の値が返ります。

関数が失敗すると、0 が返ります。拡張エラー情報を取得するには、 関数を使います。

対応情報

Windows NT/2000:Windows NT 3.1 以降
Windows 95/98:Windows 95 以降
ヘッダー:Winuser.h で宣言、Windows.h をインクルード
インポートライブラリ:User32.lib を使用

参照

GetWindowRect,

表示: