パスの構成

パスとシェイプ (四角形や楕円など) は常に、一連の曲線セグメントと直線セグメントで構成されています。Microsoft Expression Design には、ベジエ曲線と B- スプライン曲線という 2 種類のパスがあります。

  • ベジエ曲線   "Bezier" と綴ります。パスに沿ったポイント ("ノード" とも呼ばれます) とコントロール ハンドルの組み合わせにより作成されるパスです。各アンカー ポイントはコーナー ポイントまたは曲線 ポイントのどちらかで、各コントロール ハンドルはアンカー ポイントでの接線を示します。多くの描画アプリケーションでは、ベジエ曲線のみを使用してパスを定義します。

    ベジエ曲線のみで構成されたパス。ポイント (1) とコントロール ハンドル (2) を確認してください。

    Cc294864.ffe97b7a-ce08-4337-89ad-bf5d1508b7e1(ja-jp,Expression.10).png
  • B- スプライン曲線   通常はパス自体から外れた位置にある一連のアンカー ポイントを使用するパス。各アンカー ポイントにより、曲線が伸びていく大まかな方向が定義されます。こちらの方が複雑そうに思えますが、通常は B- スプライン曲線の方が制御しやすく、滑らかな曲線を描くことができ、習得も簡単です。B- スプライン曲線は、3D モデリング ソフトウェアで広く利用されています。B- スプライン曲線上のアンカー ポイントは曲線ポイントまたはコーナー ポイントのいずれかになることもあります (曲線は常にコーナー ポイントを通って伸びていきます)。

    B- スプライン曲線のみで構成されたパス。

    Cc294864.78befa5c-6ba6-47be-b6f6-5062555e1932(ja-jp,Expression.10).png

通常はいずれか 1 種類の曲線のみでパス全体が構成されますが、2 つのパスを結合または追加するか、[アンカー ポイントの変換ツール] を使用して、2 種類の曲線を併用することもできます。

ブラシ ストロークを適用した B- スプライン パス。

Cc294864.57933f8e-567d-4e52-97fc-ffbc95ed1bb6(ja-jp,Expression.10).png

パスには、オープン パス (単純な直線など) とクローズド パス (四角形、円など) があります。オープン パスを閉じたり、2 つのオープン パスを結合して 1 つにしたり、クローズド パスを分割してオープン パスにしたりすることができます。オープン パスを塗りつぶした場合や、オープン パスをクリッピング マスク グループのクリッピング マスクとして使用した場合、Expression Design では、パスの始点と終点を結ぶ非表示の直線があるものと仮定され、塗りつぶし領域が作成されます。

また、複数のサブパスから 1 つのパスを作成することもできます。この種類のパスの詳細については、「複合パスの作成」を参照してください。

各パスには始点と終点がありますが、クローズド パスでは場合によって 2 つのポイントが同じポイントになります。オブジェクトを選択すると、終了アンカー ポイントは小さな矢印の先端 Cc294864.d97cf8ff-e81d-4c06-bee9-ddc996f4f2aa(ja-jp,Expression.10).gif でマークされます。ストロークを使用してパスを作成すると、Expression Design によりストロークがパスの方向に適用されます。パスの方向を逆にしたり、クローズド パスの場合は始点を変更したりすることができます。

Expression Design には次の 4 種類のパス描画ツールが用意されています。

  • [ペイントブラシ] ツール

  • [ペン] ツール

  • [ポリライン] ツール

  • [B- スプライン] ツール

また、以下のツールを使用して、定義済みのシェイプを簡単に作成することもできます。

  • [四角形] ツール

  • [楕円] ツール

  • [多角形] ツール (星および多角形用)

  • [線] ツール

文字の形のパスを作成することもできます。詳細については、「テキストからパスへの変換」を参照してください。

コミュニティの追加

追加
表示: