このページは役に立ちましたか。
このページのコンテンツについての ご意見をお待ちしております
その他にご意見はありますか。
残り 1500 文字
エクスポート (0) 印刷
すべて展開
情報
要求されたトピックは次のとおりです。しかし、このトピックはこのライブラリには含まれていません。

XamlReader.Load メソッド

2013/12/12

整形式の XAML フラグメントを解析して、対応する Windows Phone オブジェクト ツリーを作成し、オブジェクト ツリーのルートを返します。

Namespace:  System.Windows.Markup
アセンブリ:  System.Windows (System.Windows.dll 内)

public static Object Load(
	string xaml
)

パラメーター

xaml
型: System.String
有効な XAML フラグメントを含む文字列。

戻り値

型: System.Object
Windows Phone オブジェクト ツリーのルート オブジェクト。

"整形式の XAML フラグメント" は、以下の要件を満たしている必要があります。

  • XAML コンテンツの文字列は単一のルート要素を定義する必要がある。

  • XAML コンテンツ文字列は解析可能な XAML であるだけでなく、整形式の XML である必要があります。

  • 必須のルート要素で XML 名前空間の既定値を指定する必要もあります。これは通常は Windows Phone 名前空間です (xmlns="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml/presentation")。Windows Phone では、この XML 名前空間を明示的に指定する必要があります。

これらの条件でも解析時の例外は報告されます。ただし、例外のメッセージには、XML 名前空間で識別されたボキャブラリに対する特定の解析エラーではなく、全般的な形式エラーを示す原因が具体的に記述されます。

"整形式" であることに加え、Load は、XAML がパーサーに送信されたときに発生したエラーについても報告します。

返されたオブジェクト ツリーがメイン オブジェクト ツリーに追加されると、入力 XAML で Name 値または x:Name 値を持つオブジェクトは異なる XAML 名前スコープ内にあると見なされます。これによって、FindName を使用してスコープ内のオブジェクトを検索する機能が影響を受ける可能性があります。

Windows Phone OS

サポート: 8.0, 7.1, 7.0

表示:
© 2015 Microsoft