この記事の英語版を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

CRgn::CreateRectRgn

 

CRgn のオブジェクトに格納されている四角形領域を作成します。


      BOOL CreateRectRgn(
   int x1,
   int y1,
   int x2,
   int y2 
);

x1

領域の左上隅の論理的な x 座標を指定します。

y1

領域の左上隅の論理 y 座標を指定します。

x2

領域の右上隅の論理的な x 座標を指定します。

y2

領域の右上隅の論理 y 座標を指定します。

操作が成功する場合は、; それ以外の場合は 0。

領域のサイズは 32,767 の論理単位またはメモリの 32,767 KB により小さい、どの場合でも、制限されます。

これは CreateRectRgnによって作成された領域を使い終わったらアプリケーションは領域を削除するために CGDIObject::DeleteObject のメンバー関数を使用する必要があります。

CRgn   rgn;

BOOL bSucceeded = rgn.CreateRectRgn( 50, 20, 150, 120 );
ASSERT( bSucceeded == TRUE );

そのほかの例については、CRgn::CombineRgnを参照してください。

必要条件

ヘッダー: afxwin.h

表示: