このページは役に立ちましたか。
このページのコンテンツについての ご意見をお待ちしております
その他にご意見はありますか。
残り 1500 文字
Remove メソッド
Collapse the table of content
Expand the table of content
この記事は機械翻訳されたものです。 記事の文章にポインターを重ねると、原文のテキストが表示されます。 詳細情報
訳文
原文

ICollection<T>.Remove メソッド

ICollection<T> 内で最初に見つかった特定のオブジェクトを削除します。

名前空間:  System.Collections.Generic
アセンブリ:  mscorlib (mscorlib.dll 内)

bool Remove(
	T item
)

パラメーター

item
型 : T
ICollection<T> から削除するオブジェクト。

戻り値

型 : System.Boolean
itemICollection<T> から正常に削除された場合は true。それ以外の場合は false このメソッドは、item が元の ICollection<T> に見つからない場合にも false を返します。

例外条件
NotSupportedException

ICollection<T> は読み取り専用です。

オブジェクトが等しいかどうかを判断する方法で実装が異なります。たとえば、List<T> では Comparer<T>.Default が使用されます。また、Dictionary<TKey, TValue> では、IComparer<T> 実装をキーの比較に使うかどうかをユーザーが指定できます。

リストなどの連続する要素のコレクションでは、空白になった位置を埋めるために、削除された要素の後にある要素の位置が繰り上げられます。 インデックス付きのコレクションの場合は、移動した要素のインデックスも更新されます。 この動作は、要素が概念的にバケットにグループ化されているハッシュ テーブルなどのコレクションには適用されません。

.NET Framework

サポート対象 : 4.5.2、4.5.1、4.5、4、3.5、3.0、2.0

.NET Framework Client Profile

サポート対象 : 4、3.5 SP1

汎用性のあるクラス ライブラリ

サポート対象 : 汎用性のあるクラス ライブラリ

Windows ストア アプリ用 .NET

サポート対象 : Windows 8

Windows Phone アプリ用 .NET

サポート対象 : Windows Phone 8、Silverlight 8.1

Windows Phone 8.1, Windows Phone 8, Windows 8.1, Windows Server 2012 R2, Windows 8, Windows Server 2012, Windows 7, Windows Vista SP2, Windows Server 2008 (サーバー コア ロールはサポート対象外), Windows Server 2008 R2 (SP1 以降でサーバー コア ロールをサポート。Itanium はサポート対象外)

.NET Framework では、各プラットフォームのすべてのバージョンはサポートしていません。サポートされているバージョンについては、「.NET Framework システム要件」を参照してください。

コミュニティの追加

追加
表示:
© 2015 Microsoft