この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

ICollection<T>.Remove メソッド (T)

 

公開日: 2016年10月

特定のオブジェクトで最初に出現したものを ICollection<T> から削除します。

名前空間:   System.Collections.Generic
アセンブリ:  mscorlib (mscorlib.dll 内)

bool Remove(
	T item
)

パラメーター

item
Type: T

ICollection<T> から削除するオブジェクト。

戻り値

Type: System.Boolean

trueitem から正常に削除された場合は ICollection<T>。それ以外の場合は false このメソッドは、item が 元のICollection<T> に見つからない場合にも false を返します。

Exception Condition
NotSupportedException

ICollection<T> は読み取り専用です。

オブジェクトが等しいかどうかを判断する方法で実装が異なります。たとえば、List<T> では Comparer<T>.Default が使用されます。また、Dictionary<TKey, TValue> では、IComparer<T> 実装をキーの比較に使うかどうかをユーザーが指定できます。

リストなどの連続する要素のコレクションでは、空白になった位置を埋めるために、削除された要素の後にある要素の位置が繰り上げられます。 コレクションにインデックスがある場合、移動した要素のインデックスも更新されます。 この動作は、要素が概念的にバケットにグループ化されているハッシュ テーブルなどのコレクションには適用されません。

ユニバーサル Windows プラットフォーム
8 以降で使用可能
.NET Framework
2.0 以降で使用可能
ポータブル クラス ライブラリ
サポート対象: 移植可能 .NET プラットフォーム
Silverlight
2.0 以降で使用可能
Windows Phone Silverlight
7.0 以降で使用可能
Windows Phone
8.1 以降で使用可能
トップに戻る
表示: