情報
要求されたトピックは次のとおりです。しかし、このトピックはこのライブラリには含まれていません。

StorageFolder.GetFoldersAsync(CommonFolderQuery, UInt32, UInt32) | getFoldersAsync(CommonFolderQuery, UInt32, UInt32) Method

現在のフォルダー内のファイルのグループを表す StorageFolder オブジェクトの、インデックス ベースの範囲を取得します。ファイルは指定された CommonFolderQuery に基づいてフィルター処理およびグループ化され、結果のインデックスに基づく範囲に含まれます。

構文


storageFolder.getFoldersAsync(query, startIndex, maxItemsToRetrieve).done( /* サクセス ハンドラーとエラー ハンドラー */ );

パラメーター

query

型: CommonFolderQuery

検索する範囲内の StorageFolder オブジェクトが表すファイル グループを示す列挙値。

startIndex

型: Number [JavaScript] | System.UInt32 [.NET] | uint32 [C++]

範囲内で最初に取得する StorageFolder のゼロから始まるインデックス番号。

maxItemsToRetrieve

型: Number [JavaScript] | System.UInt32 [.NET] | uint32 [C++]

取得する子フォルダーの最大数。

戻り値

型: IAsyncOperation<IVectorView>

このメソッドが正常に完了すると、ファイルのリスト (IVectorView 型) が返されます。リストの各フォルダーは StorageFolder によって表されます。

注釈

CommonFolderQuery を使用すると、特定のファイル属性 (タイトルや日付など) に基づいて、フォルダーおよびファイル グループのリストをすばやく簡単に構築できます。

要件

サポートされている最小のクライアント

Windows 8

サポートされている最小のサーバー

Windows Server 2012

サポートされている最小の電話

Windows Phone 8

名前空間

Windows.Storage
Windows::Storage [C++]

メタデータ

Windows.winmd

参照

StorageFolder
GetFoldersAsync(CommonFolderQuery)
GetFoldersAsync

 

 

表示: