情報
要求されたトピックは次のとおりです。しかし、このトピックはこのライブラリには含まれていません。

StorageFolder.GetFilesAsync(CommonFileQuery, UInt32, UInt32) | getFilesAsync(CommonFileQuery, UInt32, UInt32) Method

現在のフォルダーとそのサブフォルダーのすべてのファイルのリストから、ファイルのインデックス ベースの範囲を取得します。ファイルは指定された CommonFileQuery に基づくフィルター処理および並べ替えが行われ、結果のインデックスに基づく範囲に含まれます。

構文


storageFolder.getFilesAsync(query, startIndex, maxItemsToRetrieve).done( /* サクセス ハンドラーとエラー ハンドラー */ );

パラメーター

query

型: CommonFileQuery

リストに含めるファイルを識別し、ファイルの並べ方を指定する列挙値。

startIndex

型: Number [JavaScript] | System.UInt32 [.NET] | uint32 [C++]

範囲の最初に取得するファイルのゼロから始まるインデックス番号。

maxItemsToRetrieve

型: Number [JavaScript] | System.UInt32 [.NET] | uint32 [C++]

取得する最大ファイル数。

戻り値

型: IAsyncOperation<IVectorView>

このメソッドが正常に完了すると、フォルダーのファイルのリスト (IVectorView 型) が返されます。リストの各ファイルは StorageFile オブジェクトによって表されます。

注釈

CommonFileQuery を使用すると、特定のファイル属性 (タイトルや日付など) に基づいて、ファイルのリストをすばやく簡単に構築できます。

要件

サポートされている最小のクライアント

Windows 8

サポートされている最小のサーバー

Windows Server 2012

サポートされている最小の電話

Windows Phone 8

名前空間

Windows.Storage
Windows::Storage [C++]

メタデータ

Windows.winmd

参照

StorageFolder
GetFilesAsync(CommonFileQuery)
GetFilesAsync

 

 

表示: