このページは役に立ちましたか。
このページのコンテンツについての ご意見をお待ちしております
その他にご意見はありますか。
残り 1500 文字
エクスポート (0) 印刷
すべて展開
情報
要求されたトピックは次のとおりです。しかし、このトピックはこのライブラリには含まれていません。

StorageFileQueryResult Class

storageFolder オブジェクトによって表される場所にあるファイルのクエリ結果にアクセスできるようにします。storageFileQueryResult を使用して storageFolder の位置でファイルを列挙できます。

構文


var storageFileQueryResult = storageFolder.createFileQuery();

属性

[MarshalingBehavior(Agile)]
[Version(0x06020000)]

メンバー

StorageFileQueryResultクラス には次の種類のメンバーがあります。

イベント

StorageFileQueryResultクラス にはこれらのイベントがあります。

イベント説明
ContentsChanged Fires when a file is added to, deleted from, or modified in the folder being queried.
OptionsChanged Fires when the query options change.

 

メソッド

The StorageFileQueryResult クラス には次のメソッドがあります。 With C#、Visual Basic、および C++ では、以下からもメソッドが継承されます。Object クラス.

メソッド説明
ApplyNewQueryOptions Modifies query results based on new QueryOptions.
FindStartIndexAsync Retrieves the index of the file from the query results that most closely matches the specified property value (or file, if used with FileActivatedEventArgs.NeighboringFilesQuery). The property that is matched is determined by the first SortEntry of the QueryOptions.SortOrder list.
GetCurrentQueryOptions Retrieves the query options used to determine query results.
GetFilesAsync() Retrieves a list of all the files in the query result set.
GetFilesAsync(UInt32, UInt32) Retrieves a list of files in a specified range.
GetItemCountAsync Retrieves the number of files in the set of query results.
GetMatchingPropertiesWithRanges Gets matching file properties with corresponding text ranges.

 

プロパティ

StorageFileQueryResultクラス には次のプロパティがあります。

プロパティアクセスの種類説明

Folder

読み取り専用Gets the folder that was queried to create the StorageFileQueryResult object. This folder represents the scope of the query.

 

解説

storageFolder または folderInformation オブジェクトから次のメソッドを呼び出して、storageFileQueryResult オブジェクトを取得できます。

storageFileQueryResult オブジェクトの使用方法を示すその他のコード例については、「Folder enumeration sample (フォルダー列挙体のサンプル)」と「Programmatic file search sample (プラグラム的なファイル検索のサンプル)」を参照してください。

Windows Phone 8

この API は実装されていません。呼び出された場合は、例外をスローします。「Windows Phone ランタイム API」を参照してください。

この例は、storageFileQueryResult オブジェクトからファイルのリストを取得する方法を示しています。



// Set query options with filter and sort order for results
var fileTypeFilter = [".jpg", ".png", ".bmp", ".gif"];
var queryOptions = new Windows.Storage.Search.QueryOptions(search.CommonFileQuery.orderByName, fileTypeFilter);

// Create query and retrieve files
var query = Windows.Storage.KnownFolders.picturesLibrary.createFileQueryWithOptions(queryOptions);
query.getFilesAsync().done(function (files) {
    // Process results
    files.forEach(function (file) {
        // Process file
    });
});

query 変数は storageFileQueryResult を取得します。これはクエリの条件を満たすファイルを取得するために使用されます。

メモ  KnownFolders.PicturesLibrary を使用してライブラリにアクセスするには、写真ライブラリ機能が必要です。機能およびファイル アクセスの詳細については、「File access and permissions in Windows Store apps (Windows ストア アプリでのファイルのアクセスと許可)」を参照してください。

要件

最小限サポートされるクライアント

Windows 8 [Windows ストア アプリのみ]

最小限サポートされるサーバー

Windows Server 2012 [Windows ストア アプリのみ]

最小限サポートされる携帯電話

Windows Phone 8 [実装されていません。"解説" を参照してください]

名前空間

Windows.Storage.Search
Windows::Storage::Search [C++]

メタデータ

Windows.winmd

参照

Windows.Storage.storageFolder.createFileQuery methods
Windows.Storage.storageFolder.createFileQueryWithOptions method
Windows.Storage.BulkAccess.folderInformation.createFileQuery
Windows.Storage.BulkAccess.folderInformation.createFileQueryWithOptions

 

 

表示:
© 2015 Microsoft