情報
要求されたトピックは次のとおりです。しかし、このトピックはこのライブラリには含まれていません。

StorageItemThumbnail Class

システム リソース (ファイルやフォルダーなど) に関連付けられるサムネイル イメージを表します。

構文


/* このオブジェクトの作成とアクセスについては、「解説」を参照してください。 */

属性

[Version(0x06020000)]

メンバー

StorageItemThumbnailクラス には次の種類のメンバーがあります。

メソッド

The StorageItemThumbnail クラス には次のメソッドがあります。 With C#、Visual Basic、および C++ では、以下からもメソッドが継承されます。Object クラス.

メソッド説明
CloneStream Creates a new stream over the thumbnail that is represented by the current storageItemThumbnail object.
Close [C++, JavaScript]Releases system resources that are exposed by a Windows Runtime object.
Dispose [C#, VB]Performs tasks associated with freeing, releasing, or resetting unmanaged resources.
FlushAsync Flushes data asynchronously in a sequential stream.
GetInputStreamAt Retrieves the thumbnail image data as an undecoded stream.
GetOutputStreamAt Retrieves an output stream object for writing thumbnail image data to a storage item.
ReadAsync Returns an asynchronous byte reader object.
Seek Sets the offset of the thumbnail stream to the specified value.
WriteAsync Writes data asynchronously in a sequential stream.

 

プロパティ

StorageItemThumbnailクラス には次のプロパティがあります。

プロパティアクセスの種類説明

CanRead

読み取り専用Gets a value that indicates whether the thumbnail stream can be read from.

CanWrite

読み取り専用Gets a value that indicates whether the thumbnail stream can be written to.

ContentType

読み取り専用Gets the MIME content type of the thumbnail image.

OriginalHeight

読み取り専用Gets the original (not scaled) height of the thumbnail image.

OriginalWidth

読み取り専用Gets the original (not scaled) width of the thumbnail image.

Position

読み取り専用Gets the byte offset of the thumbnail stream.

ReturnedSmallerCachedSize

読み取り専用Gets a value that indicates whether the thumbnail image returned was a cached version with a smaller size.

Size

読み取り/書き込みGets or sets the size of the thumbnail image.

Type

読み取り専用Gets a value that indicates if the thumbnail is an icon or an image.

 

解説

多くのファイル システム リソースの縮小版は、これらを表現する Windows ランタイムから取得できます。これらのオブジェクトの多くには、特定のリソースに関連付けられたサムネイルを表す StorageItemThumbnail を取得 (および場合によっては設定) するメソッドまたはプロパティがあります。

特定の Windows ランタイム オブジェクトの縮小版を取得する方法を確認するには、そのオブジェクトのドキュメントを参照してください。たとえば、ファイルの縮小版を取得するには、StorageFile.getThumbnailAsync メソッドのうちのいずれかを呼び出します。また、連絡先の縮小版を取得するには、Contact.thumbnail プロパティを使用できます。

縮小版の取得に関するその他のコード例については、「Folder enumeration sample (フォルダー列挙体のサンプル)」および「File and folder thumbnail sample (ファイルおよびフォルダーの縮小版のサンプル)」を参照してください。

この例では、ファイルの縮小版を取得する方法を示します。



// Set query options with filter and sort order for results
var fileTypeFilter = [".jpg", ".png", ".bmp", ".gif"];
var queryOptions = new Windows.Storage.Search.QueryOptions(search.CommonFileQuery.orderByName, fileTypeFilter);

// Create query and retrieve files
var query = Windows.Storage.KnownFolders.picturesLibrary.createFileQueryWithOptions(queryOptions);
query.getFilesAsync().done(function (files) {
    // Process results
    files.forEach(function (file) {
        // Get thumbnail
        var requestedSize = 190;
        var thumbnailMode = Windows.Storage.FileProperties.ThumbnailMode.picturesView;
        var thumbnailOptions = Windows.Storage.FileProperties.ThumbnailOptions.useCurrentScale;
        item.getThumbnailAsync(thumbnailMode, requestedSize, thumbnailOptions).done(function (thumbnail) {
            // Perform tasks with thumnail
        });
    });
});

GetThumbnailAsync が完了すると、縮小版は StorageItemThumbnail オブジェクトを取得します。

この例では、file 変数は、サムネイルを取得する各ファイルを表す StorageFile を取得します。クエリを使用して、これらのファイル (file 変数に格納されている) の StorageFile オブジェクトを取得しましたが、アプリケーションが StorageFile オブジェクトを取得するために最良の方法を使用できます (ファイル ピッカーの使用など)。

要件

最小限サポートされるクライアント

Windows 8 [Windows ストア アプリのみ]

最小限サポートされるサーバー

Windows Server 2012 [Windows ストア アプリのみ]

最小限サポートされる携帯電話

Windows Phone 8

名前空間

Windows.Storage.FileProperties
Windows::Storage::FileProperties [C++]

メタデータ

Windows.winmd

参照

StorageFile

 

 

表示: