この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

StreamWriter.Write メソッド (Char[], Int32, Int32)

 

公開日: 2016年10月

ストリームに文字配列の一部を書き込みます。

名前空間:   System.IO
アセンブリ:  mscorlib (mscorlib.dll 内)

public override void Write(
	char[] buffer,
	int index,
	int count
)

パラメーター

buffer
Type: System.Char[]

書き込むデータを格納する文字配列。

index
Type: System.Int32

データの読み取りを開始する、バッファー内の文字位置。

count
Type: System.Int32

書き込む文字の最大数。

Exception Condition
ArgumentNullException

buffernull です。

ArgumentException

バッファーの長さから index を引いた値が count 未満です。

ArgumentOutOfRangeException

index または count が負の値。

IOException

I/O エラーが発生します。

ObjectDisposedException

AutoFlush true または StreamWriter バッファーがいっぱいになり、現在のライターが閉じられました。

NotSupportedException

AutoFlush true または StreamWriter バッファーがいっぱいでしているために、基になる固定サイズのストリームをバッファーの内容を書き込むことはできません、 StreamWriter ストリームの末尾にあります。

このメソッドは TextWriter.Writeです。

文字を読み取る buffer 始点 index まで index + (count - 1)。 すべての文字は、基になるストリームの末尾に到達しない限り、基になるストリームに書き込まれます。 Flush 場合に自動的に呼び出される AutoFlushtrueです。

共通 I/O タスクの一覧は、次を参照してください。 共通 I/O タスクします。

この例では、8 文字を 13 要素配列から配列の 3 番目の要素から開始し、ファイルに書き込みます。

using System;
using System.IO;

public class SWBuff 
{
    public static void Main(String[] args)
    {
        FileStream sb = new FileStream("MyFile.txt", FileMode.OpenOrCreate);
        char[] b = {'a','b','c','d','e','f','g','h','i','j','k','l','m'};
        StreamWriter sw = new StreamWriter(sb);
        sw.Write(b, 3, 8);
        sw.Close();
    }
}

ユニバーサル Windows プラットフォーム
8 以降で使用可能
.NET Framework
1.1 以降で使用可能
ポータブル クラス ライブラリ
サポート対象: 移植可能 .NET プラットフォーム
Silverlight
2.0 以降で使用可能
Windows Phone Silverlight
7.0 以降で使用可能
Windows Phone
8.1 以降で使用可能
トップに戻る
表示: