この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

Enumerable.SkipWhile<TSource> メソッド (IEnumerable<TSource>, Func<TSource, Int32, Boolean>)

 

公開日: 2016年11月

指定した条件が true で、残りの要素を返す限りは、シーケンス内の要素をバイパスします。 要素のインデックスは、述語関数のロジックで使用されます。

名前空間:   System.Linq
アセンブリ:  System.Core (System.Core.dll 内)

public static IEnumerable<TSource> SkipWhile<TSource>(
	this IEnumerable<TSource> source,
	Func<TSource, int, bool> predicate
)

パラメーター

source
Type: System.Collections.Generic.IEnumerable<TSource>

IEnumerable<T> 要素を返します。

predicate
Type: System.Func<TSource, Int32, Boolean>

各ソース要素が条件に当てはまるかどうかをテストする関数。この関数の 2 つ目のパラメーターは、ソース要素のインデックスを表します。

戻り値

Type: System.Collections.Generic.IEnumerable<TSource>

IEnumerable<T> で指定されたテストに合格しなかった線系列の最初の要素を起点として入力シーケンスから要素を含む predicateします。

型パラメーター

TSource

要素の型 sourceします。

Exception Condition
ArgumentNullException

source または predicatenull です。

このメソッドは遅延実行を使用して実装されます。 すぐに、値は、操作を実行するために必要なすべての情報を格納するオブジェクトを返します。 オブジェクトのいずれかを呼び出すことが列挙されるまで、このメソッドで表されるクエリは実行されません、 GetEnumerator メソッドを使用して直接または foreach で Visual C# または For Each で Visual Basicします。

SkipWhile<TSource>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource, Int32, Boolean>) メソッドの各要素はテスト source を使用して predicate し、結果がの場合、要素をスキップ trueします。 述語関数から制御が戻た後 false 要素、その要素との残りの要素の source が生成のない複数の呼び出しがあると predicateです。

場合 predicate 返します true すべての要素シーケンス、空の IEnumerable<T> が返されます。

最初の引数 predicate をテストする要素を表します。 2 番目の引数内の要素の 0 から始まるインデックスを表す sourceします。

TakeWhileSkipWhile メソッドは、機能を補完します。 シーケンスを指定した coll と純粋関数 p, の結果を連結する coll.TakeWhile(p)coll.SkipWhile(p) と同じシーケンスが生成されます collします。

Visual Basic クエリ式の構文、 Skip While の呼び出しに変換される句 SkipWhileします。

次のコード例では、使用して SkipWhile<TSource>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource, Int32, Boolean>) 要素のインデックスに依存している条件が true の場合に限り、配列の要素をスキップします。

int[] amounts = { 5000, 2500, 9000, 8000, 
                    6500, 4000, 1500, 5500 };

IEnumerable<int> query =
    amounts.SkipWhile((amount, index) => amount > index * 1000);

foreach (int amount in query)
{
    Console.WriteLine(amount);
}

/*
 This code produces the following output:

 4000
 1500
 5500
*/

ユニバーサル Windows プラットフォーム
8 以降で使用可能
.NET Framework
3.5 以降で使用可能
ポータブル クラス ライブラリ
サポート対象: 移植可能 .NET プラットフォーム
Silverlight
2.0 以降で使用可能
Windows Phone Silverlight
7.0 以降で使用可能
Windows Phone
8.1 以降で使用可能
トップに戻る
表示: