この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

Enumerable.GroupBy<TSource, TKey, TElement> メソッド (IEnumerable<TSource>, Func<TSource, TKey>, Func<TSource, TElement>, IEqualityComparer<TKey>)

 

公開日: 2016年10月

キー セレクター関数に従ってシーケンスの要素をグループ化します。 キーの比較には、比較子を使用し、各グループの要素の射影には、指定された関数を使用します。

名前空間:   System.Linq
アセンブリ:  System.Core (System.Core.dll 内)

public static IEnumerable<IGrouping<TKey, TElement>> GroupBy<TSource, TKey, TElement>(
	this IEnumerable<TSource> source,
	Func<TSource, TKey> keySelector,
	Func<TSource, TElement> elementSelector,
	IEqualityComparer<TKey> comparer
)

パラメーター

source
Type: System.Collections.Generic.IEnumerable<TSource>

IEnumerable<T> をグループ化する要素を格納します。

keySelector
Type: System.Func<TSource, TKey>

各要素のキーを抽出する関数。

elementSelector
Type: System.Func<TSource, TElement>

各ソース要素を内の要素にマップする関数、 IGrouping<TKey, TElement>です。

comparer
Type: System.Collections.Generic.IEqualityComparer<TKey>

IEqualityComparer<T> キーを比較します。

戻り値

Type: System.Collections.Generic.IEnumerable<IGrouping<TKey, TElement>>

IEnumerable<IGrouping<TKey, TElement>> C# の場合または IEnumerable(Of IGrouping(Of TKey, TElement)) で Visual Basic 、各 IGrouping<TKey, TElement> オブジェクトには、型のオブジェクトのコレクションが含まれています。 TElement とキー。

型パラメーター

TSource

要素の型 sourceします。

TKey

によって返されるキーの種類 keySelectorします。

TElement

IGrouping<TKey, TElement> 内の要素の型。

Exception Condition
ArgumentNullException

sourcekeySelector、または elementSelector は、null です。

このメソッドは遅延実行を使用して実装されます。 すぐに、値は、操作を実行するために必要なすべての情報を格納するオブジェクトを返します。 オブジェクトのいずれかを呼び出すことが列挙されるまで、このメソッドで表されるクエリは実行されません、 GetEnumerator メソッドを使用して直接または foreach で Visual C# または For Each で Visual Basicします。

GroupBy<TSource, TKey, TElement>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource, TKey>, Func<TSource, TElement>, IEqualityComparer<TKey>) メソッドのコレクションを返します IGrouping<TKey, TElement> オブジェクト、発生した個別のキーごとに 1 つです。 IGrouping<TKey, TElement> は、 IEnumerable<T> をもその要素に関連付けられたキーを持ちます。

IGrouping<TKey, TElement> 内の要素の順序に基づいて注文でオブジェクトが返されます source それぞれの最初のキーを生成する IGrouping<TKey, TElement>です。 作成した要素が出現する順序でグループ内の要素が返されます sourceします。

場合 comparernull, 、既定の等値比較子 Default キーを比較するために使用します。

」の手順に従って 2 つのキーが等しい場合 comparer, 、最初のキーがそのグループ化キーとして選択します。

クエリ式の構文で、 group by (Visual C#) または Group By Into (Visual Basic) の呼び出しに変換される句 GroupByします。 詳細と使用例については、次を参照してください。 group 句 (C# リファレンス)Group By 句 (Visual Basic)です。

ユニバーサル Windows プラットフォーム
8 以降で使用可能
.NET Framework
3.5 以降で使用可能
ポータブル クラス ライブラリ
サポート対象: 移植可能 .NET プラットフォーム
Silverlight
2.0 以降で使用可能
Windows Phone Silverlight
7.0 以降で使用可能
Windows Phone
8.1 以降で使用可能
トップに戻る
表示: