情報
要求されたトピックは次のとおりです。しかし、このトピックはこのライブラリには含まれていません。

DateTimeOffset.Subtraction 演算子 (DateTimeOffset, DateTimeOffset)

2013/12/12

一方の DateTimeOffset オブジェクトをもう一方のオブジェクトから減算し、時間間隔を生成します。

Namespace:  System
アセンブリ:  mscorlib (mscorlib.dll 内)

public static TimeSpan operator -(
	DateTimeOffset left,
	DateTimeOffset right
)

パラメーター

left
型: System.DateTimeOffset
減算対象の日付および時刻 (被減数)。
right
型: System.DateTimeOffset
減算する日付および時刻 (減数)。

戻り値

型: System.TimeSpan
leftright の差を表すオブジェクト。

Subtraction メソッドは、DateTimeOffset オブジェクトの減算演算を定義します。これにより、次のようなコードが可能となります。


DateTimeOffset firstDate = new DateTimeOffset(2008, 3, 25, 18, 0, 0,
                                              new TimeSpan(-7, 0, 0));
DateTimeOffset secondDate = new DateTimeOffset(2008, 3, 25, 18, 0, 0,
                                               new TimeSpan(-5, 0, 0));
DateTimeOffset thirdDate = new DateTimeOffset(2008, 2, 28, 9, 0, 0,
                                              new TimeSpan(-7, 0, 0));
TimeSpan difference;

difference = firstDate - secondDate;
outputBlock.Text += String.Format("({0}) - ({1}): {2} days, {3}:{4:d2}",
                  firstDate.ToString(),
                  secondDate.ToString(),
                  difference.Days,
                  difference.Hours,
                  difference.Minutes) + "\n";

difference = firstDate - thirdDate;
outputBlock.Text += String.Format("({0}) - ({1}): {2} days, {3}:{4:d2}",
                  firstDate.ToString(),
                  secondDate.ToString(),
                  difference.Days,
                  difference.Hours,
                  difference.Minutes) + "\n";
// The example produces the following output:
//    (3/25/2008 6:00:00 PM -07:00) - (3/25/2008 6:00:00 PM -05:00): 0 days, 2:00
//    (3/25/2008 6:00:00 PM -07:00) - (3/25/2008 6:00:00 PM -05:00): 26 days, 9:00                                 


カスタム演算子および演算子のオーバーロードをサポートしない言語では、代わりに DateTimeOffset.Subtract(DateTimeOffset) メソッドを呼び出すことができます。

Windows Phone OS

サポート: 8.0, 7.1, 7.0

表示: