COM による DirectX のプログラミング

Microsoft DirectX コンポーネント オブジェクト モデル (COM) は、非常に多くのアプリケーションで使用されている、オブジェクト指向のプログラミング モデルです。DirectX ランタイムの大部分は COM に準拠したオブジェクト形式であるため、DirectX 開発者には、少なくとも COM の原則とプログラミング テクニックに関する基本的理解が必要となります。COM は難しく複雑だと言われていますが、ほとんどの DirectX アプリケーションで必要になる COM プログラミングは単純です。

COM プログラミングには、次のような 2 つの異なる種類があります。

  • 既存の COM オブジェクトを使用します。
  • 独自の COM オブジェクトを実装します。これは、複雑で難しい作業になる可能性があります。COM が複雑であるという評判のほとんどは、この種の COM プログラミングから来ています。

ほとんどの DirectX アプリケーションでは、DirectX によって提供される COM オブジェクトの使用しか必要となりません。それらに、独自の COM オブジェクトを実装する必要はありません。つまり、ほとんどの DirectX 開発者は、1 つ目の —最も簡単な —種類の COM プログラミングにしか関心を持つ必要はありません。

ここでは、DirectX によって提供される COM オブジェクトの使用の概要について説明します。主に、COM プログラミングの初心者を対象としています。COM オブジェクトの使用方法の詳細や、独自の COM オブジェクトの実装方法の詳細については、「追加情報」を参照してください。

表示: