ID3D10Include::Open

シェーダーの #include ファイルを開いて内容を読み込むときに使用されます。ユーザーによって実装されるメソッドです。

HRESULT Open(
  D3D10_INCLUDE_TYPE IncludeType,
  LPCSTR pFileName,
  LPCVOID pParentData,
  LPCVOID *ppData,
  UINT *pBytes
);

パラメータ

IncludeType
#include ファイルの場所です。「D3D10_INCLUDE_TYPE」を参照してください。
pFileName
#include ファイルの名前です。
pParentData
#include ファイルを格納しているコンテナーへのポインターです。
ppData
include ディレクティブが格納された取得バッファーへのポインターです。このポインターは、ID3D10Include::Close を呼び出すまで有効です。
pBytes
ppData で返されるバイト数です。

戻り値

ユーザーによって実装されるメソッドでは、S_OK を返す必要があります。#include ファイルの読み込み時にコールバックが失敗した場合、コールバック呼び出し元のアプリケーション プログラミング インターフェイス (API) が実行に失敗します。これにより、次のいずれかの結果が生じます。

  • 上位レベル シェーダー言語 (HLSL) のシェーダーが D3D10CompileShader*** のいずれかの関数の実行に失敗します。
  • エフェクトが D3D10CreateEffect*** のいずれかの関数の実行に失敗します。

要件

ヘッダー: D3D10Shader.h 宣言

関連項目

ID3D10Include インターフェイス

表示: