D3DCULL

カリング モードを指定する定数を定義します。

typedef enum D3DCULL
{
    D3DCULL_NONE = 1,
    D3DCULL_CW = 2,
    D3DCULL_CCW = 3,
    D3DCULL_FORCE_DWORD = 0x7fffffff,
} D3DCULL, *LPD3DCULL;

定数

D3DCULL_NONE
背面カリングを行いません。
D3DCULL_CW
時計回りの頂点列により構成されたポリゴンを裏向きと見なし、カリングします。
D3DCULL_CCW
反時計回りの頂点列により構成されたポリゴンを裏向きと見なし、カリングします。
D3DCULL_FORCE_DWORD
コンパイル時に、この列挙型のサイズを 32 ビットにするために定義されています。この値を指定しない場合、一部のコンパイラでは列挙型を 32 ビット以外のサイズでコンパイル可能です。この定数が使用されることはありません。

解説 

この列挙型の値は、D3DRS_CULLMODE レンダリング ステートで使用されます。カリング モードは、ジオメトリをレンダリングするときに、どのように裏面ポリゴンをカリングするかを決定するものです。

関連項目

D3DCAPS9, D3DRENDERSTATETYPE

表示: