XACT の概要

Microsoft Cross-Platform Audio Creation Tool (XACT) とそれに関連付けられているアプリケーション プログラミング インターフェイス (API) は、ゲーム タイトルのオーディオを開発するためにデザイナーやプログラマが使用する高レベルなツールです。

XACT は、タイトルのオーディオ リソースを整理および管理するためのフレームワークであり、これによりオーディオ デザイナーとタイトル プログラマの共同作業が容易になります。

このセクションには、以下のトピックが含まれています。

XACT の概要
サウンド デザイナーおよびゲーム プログラマのための XACT フレームワークの主な機能を説明します。
XACT3 の新機能
XACT3 の新機能を説明します。
基本的な情報
XACT の使用方法の主要な概念について説明します。
XACT コンテンツ主導 API
XACT のコンテンツ主導型 API について説明します。
XACT コード主導 API
XACTの コード主導型 API について説明します。
XACT のコールバック
XACT のコールバックについて説明します。
XACT のストリーミング
ストリーミング Wave バンクと、さまざまな条件下で XACT を使用してストリーミング Wave バンクを使用する方法について説明します。
XACT 3D のサポート
オーディオ変数を使用してコンテンツ主導型 3D エフェクトを作成する際の XACT の使用法について説明します。
XACT ファイルの種類
XACT で使用されるさまざまな種類のファイルについて説明します。
XACT の開発者とデザイナーの責任範囲
XACT を使用する際の、オーディオ制作者とデザイナーの一般的な責任について説明します。

関連トピック

XACT GUI

XACT GUI に関する情報を提供します。

XACT コマンド ライン ツール (xactbld)

XACT コマンドライン ツールに関する情報を提供します。

XACT のリファレンス

XACT API に関する情報を提供します。

表示: