このドキュメントはアーカイブされており、メンテナンスされていません。

CTime::CTime

指定された時刻で初期化された新しい CTime オブジェクトを作成します。


CTime( ) throw( );
CTime(
   __time64_t time 
) throw( );
CTime(
   int nYear,
   int nMonth,
   int nDay,
   int nHour,
   int nMin,
   int nSec,
      int nDST = -1 
);
CTime(
   WORD wDosDate,
   WORD wDosTime,
   int nDST = -1 
);
CTime(
   const SYSTEMTIME& st,
   int nDST = - 1 
) throw( );
CTime(
   const FILETIME& ft,
   int nDST = - 1 
);
CTime(
   const DBTIMESTAMP& dbts,
   int nDST = -1
) throw( );

パラメータ

timeSrc

既存の CTime オブジェクト。

time

時刻を表す __time64_t 型の値。この値は、UTC を基準にした 1970 年 1 月 1 日から経過した秒数です。この値は、現地のタイム ゾーンに合わせて調整する必要があります。たとえば、パラメータ 0 を渡して CTime オブジェクトを作成すると、ニューヨークでは、CTime::GetMonth は 12 を返します。

Visual C++ 6.0 およびそれ以前のバージョンでは、timetime_t の値でした。Visual C++ .NET 以降では、time_t 型のパラメータが __time64_t 型に変換されます。

nYear, nMonth, nDay, nHour, nMin, nSec

新しい CTime オブジェクトにコピーする日時の値。

nDST

夏時間かどうかを示します。次のいずれかの値になります。

  • nDST が 0 のとき   標準時間が有効です。

  • nDST が 0 より大きいとき   夏時間が有効です。

  • nDST が 0 未満のとき   既定値。自動的に標準時間か夏時間かが決定されます。

wDosDate, wDosTime

日付/時刻値に変換され、新しい CTime オブジェクトにコピーされる MS-DOS の日付値と時刻値。

st

日付/時刻型の値に変換され、新しい CTime オブジェクトにコピーされる SYSTEMTIME 構造体。

ft

日付/時刻型の値に変換され、新しい CTime オブジェクトにコピーされる FILETIME 構造体。

dbts

現在の現地時刻を保持する DBTIMESTAMP 構造体への参照。

各コンストラクタについて説明します。

  • CTime( );   CTime オブジェクトを初期化せずに構築します。このコンストラクタを使用して、CTime オブジェクトの配列を定義できます。定義する配列は、使用する前に有効な値で初期化する必要があります。

  • CTime( const CTime& );   ほかの CTime 値から CTime オブジェクトを構築します。

  • CTime( time64_t );    __time64_t 型の値から CTime オブジェクトを構築します。このコンストラクタは UTC 時間を想定し、構築した結果を現地時間に変換してから格納します。

  • CTime( int, int, ...);   現地時間の各構成要素を指定して CTime オブジェクトを構築します。各構成要素は次のように制限されます。

    構成要素 範囲

    nYear

    1970–3000

    nMonth

    1–12

    nDay

    1–31

    nHour

    0-23

    nMin

    0-59

    nSec

    0-59

    このコンストラクタは、値を UTC を基準にした値に正しく変換します。Microsoft Foundation Class ライブラリのデバッグ環境では、時間の構成要素の 1 つでも範囲外の場合は、アサートします。引数を確認してから、呼び出す必要があります。このコンストラクタは、現地時間を想定しています。

  • CTime( WORD, WORD );   指定された MS-DOS の日付と時刻の値から CTime オブジェクトを構築します。このコンストラクタは、現地時間を想定しています。

  • CTime( const SYSTEMTIME& );   SYSTEMTIME 構造体から CTime オブジェクトを構築します。このコンストラクタは、現地時間を想定しています。

  • CTime( const FILETIME& );   FILETIME 構造体から CTime オブジェクトを構築します。CTimeFILETIME 構造体で直接初期化することはほとんどありません。CFile オブジェクトを使ってファイルを扱う場合は、FILETIME 構造体で初期化された CTime オブジェクトを使って、CFile::GetStatus を呼び出してファイルのタイムスタンプを取得します。このコンストラクタは UTC に基づく時間を想定し、値を現地時間に自動的に変換してから、構築結果を格納します。

    Noteメモ :

    DBTIMESTAMP パラメータを使用するコンストラクタを利用できるのは、OLEDB.h がインクルードされているときだけです。

詳細については、『Platform SDK』の SYSTEMTIME 構造体および FILETIME 構造体の説明を参照してください。また、『Platform SDK』の「MS-DOS Date and Time」も参照してください。

// Example for CTime::CTime
time_t osBinaryTime;  // C run-time time (defined in <time.h>)
time( &osBinaryTime ) ;  // Get the current time from the 
                         // operating system.
CTime time1; // Empty CTime. (0 is illegal time value.)
CTime time2 = time1; // Copy constructor.
CTime time3( osBinaryTime );  // CTime from C run-time time
CTime time4( 1999, 3, 19, 22, 15, 0 ); // 10:15PM March 19, 1999
表示: