セールス: 1-800-867-1380
この記事は機械翻訳されたものです。 記事の文章にポインターを重ねると、原文のテキストが表示されます。
訳文
原文

QueueDescription.DuplicateDetectionHistoryTimeWindow プロパティ

 

取得または設定、 TimeSpan 重複データ検出履歴の期間を定義する構造体。 既定値は、10 分です。

名前空間:   Microsoft.ServiceBus.Messaging
アセンブリ:  Microsoft.ServiceBus (Microsoft.ServiceBus.dll 内)

public TimeSpan DuplicateDetectionHistoryTimeWindow { get; set; }

プロパティ値

Type: System.TimeSpan

TimeSpan 重複データ検出履歴の時間枠を表す構造です。

なお、 DuplicateDetectionHistoryTimeWindow 精度はプラス 10 秒; などの場合は、値を 30 秒に設定すると、発生する可能性、ウィンドウが最大 40 秒を展開できることをします。

トップに戻る
この情報は役に立ちましたか。
(残り 1500 文字)
フィードバックをいただき、ありがとうございました
表示:
© 2016 Microsoft