セールス: 1-800-867-1380
この記事は機械翻訳されたものです。 記事の文章にポインターを重ねると、原文のテキストが表示されます。
訳文
原文

LoadBalancerProbe スキーマ

 

ロード バランサー プローブは、顧客が定義する、ロール インスタンスの UDP エンドポイントとエンドポイントの正常性プローブです。 LoadBalancerProbe はスタンドアロン要素ではないと、web ロールまたはワーカー ロール、サービス定義ファイルで組み合わされます。 A LoadBalancerProbe 1 つ以上のロールで使用できます。

サービス定義ファイルの既定の拡張子は .csdef です。

Azure ロード バランサーは、ルーティングの着信トラフィックをロール インスタンスに責任を担います。  ロード バランサーは、インスタンスはそのインスタンスの状態を判断するために、各インスタンスを定期的にプローブしてトラフィックを受信することができますを決定します。  ロード バランサーは、すべてのインスタンスを 1 分間に複数回をプローブします。  既定のロード バランサー プローブ – ロード バランサーにインスタンスの正常性を提供するための 2 つの異なるオプションがあるか、カスタムのロード バランサーはプローブを LoadBalancerProbe を .csdef ファイルで定義することでは実装されています。

既定のロード バランサー プローブは、インスタンスが準備完了状態 ( インスタンスがビジー、リサイクル中、停止中などの状態ではない) の場合にのみ、仮想マシン内のゲスト エージェントを利用してリッスンし、HTTP 200 OK で応答します。 ゲスト エージェントが HTTP 200 OK で応答できない場合、Azure ロード バランサーはそのインスタンスを応答しないインスタンスとしてマークし、そのインスタンスへのトラフィック送信を停止します。 Azure ロード バランサーは、インスタンスに ping を実行し続け、ゲスト エージェントは、HTTP 200 で応答する場合、Azure ロード バランサーにトラフィックを送信インスタンスをもう一度。  Web ロールを使用する場合、web サイトのコードは w3wp.exe は Azure ファブリックでは監視されませんが、またはゲスト エージェントは、(例: w3wp.exe でのエラーの意味で通常実行されます。 HTTP 500 の応答)、ゲスト エージェントにレポートされませんが、ロード バランサーをローテーションから外すには、そのインスタンスを実行することはできません。

カスタム ロード バランサー プローブは、既定のゲスト エージェントのプローブをオーバーライドしを使用すると、ロール インスタンスの状態を判断する、独自のカスタム ロジックを作成します。  ロード バランサーは、エンドポイント (15 秒ごと、既定では) をプローブして定期的にして、タイムアウト期間 (既定値は 31 秒) 内で、TCP ACK または HTTP 200 で応答する場合にそのインスタンスが順番に見なされません。  これは、インスタンスが CPU の 90% を超える場合、たとえば非 ~ 200 の状態を返す、ロード バランサーのローテーションからインスタンスを削除するには、固有のロジックを実装する便利なことができます。  つまりする w3wp.exe を使用して、web ロールには、web サイトのコードでのエラーはロード バランサー プローブを ~ 200 のない状態を返すためにの web サイトの自動監視を取得します。  LoadBalancerProbe を .csdef ファイルし、既定ロード バランサーの動作上のように定義しない場合に使用されます。

カスタムのロード バランサー プローブを使用する場合は、RoleEnvironment.OnStop メソッドの考慮の対象に、ロジックが受け取ることを確認する必要があります。  インスタンスを OnStop、呼び出される前に、ローテーションから実行する既定のロード バランサー プローブを使用する場合は、カスタムのロード バランサー プローブは、[ok] OnStop イベント中に、200 を返すを続行できます。  OnStop イベントを使用して、キャッシュのクリーンアップには、サービスを停止するか、サービスの動作はそれ以外の場合、ランタイムに影響する可能性の変更を行うことを確認する必要があります、カスタムのロード バランサーのプローブ ロジックはローテーションからインスタンスを削除します。

ロード バランサー プローブを含むサービス定義ファイルの基本形式は次のとおりです。

<ServiceDefinition …> <LoadBalancerProbes> <LoadBalancerProbe name="<load-balancer-probe-name>" protocol="[http|tcp]" path="<uri-for-checking-health-status-of-vm>" port=”<port-number>” intervalInSeconds="<interval-in-seconds>" timeoutInSeconds="<timeout-in-seconds>"/> </LoadBalancerProbes> </ServiceDefinition>

LoadBalancerProbes 、サービス定義ファイルの要素には、次の要素が含まれています。

LoadBalancerProbes 要素は、ロード バランサー プローブのコレクションを記述します。 この要素の親要素は、 LoadBalancerProbe 要素です。

LoadBalancerProbe 要素には、モデルの正常性プローブを定義します。 複数のロード バランサー プローブを定義できます。

次の表の属性を記述する、 LoadBalancerProbe 要素。

属性

Type

description

name

string

必須。

ロード バランサー プローブの名前。 名前は一意である必要があります。

protocol

string

必須です。 エンドポイントのプロトコルを指定します。 指定できる値は http または tcpです。 場合 tcp を指定すると、受信確認はプローブを成功させるために必要です。 場合 http を指定すると、指定された URI から 200 OK の応答はプローブを成功させるために必要です。

path

string

VM から正常性状態を要求するために使用する URI。 path 場合に必要なは protocol に設定されている httpです。 それ以外の場合は許可されません。

既定値はありません。

port

integer

省略可能です。 プローブ通信用のポート。 これは各エンドポイントでは省略可能です。省略した場合は同じポートがプローブに使用されます。 プローブ用に別のポートを構成することもできます。 有効値は 1 ~ 65535 の範囲で、両端の値を含みます。

既定値は、エンドポイントによって設定されます。

intervalInSeconds

integer

省略可能です。 エンドポイントの正常性状態をプローブする頻度を示す間隔 (秒単位)。 通常、この間隔は、割り当てられているタイムアウト期間 (秒単位) の半分よりも若干短くなります。この間隔では、インスタンスをローテーションから除外する前に、2 回のプローブを完了できます。

既定値は 15 で、最小値は 5 です。

timeoutInSeconds

integer

省略可能です。 応答がない場合にエンドポイントへのトラフィックの配信を停止するプローブに適用されるタイムアウト期間 (秒単位)。 この値を指定すると、Azure で使用される通常の期間 (既定値) よりも早くまたは遅くエンドポイントをローテーションから除外できます。

既定値は 31 で、最小値は 11 です。

この情報は役に立ちましたか。
(残り 1500 文字)
フィードバックをいただき、ありがとうございました
表示:
© 2016 Microsoft