セールス: 1-800-867-1380

In-Role Cache の FAQ (Azure Cache)

更新日: 2014年9月

noteメモ
アプリケーションに対して適切な Azure Cache サービスを選択するためのガイダンスについては、「どの Azure Cache を利用すればよいですか。」を参照してください。

インロール キャッシュ は、 ロール内で キャッシュ をホストする機能を提供します。キャッシュは、キャッシュをホストするロールのインスタンスに分散されます。キャッシュのサイズは複数の変数で決定されます。まず、サイズは、インロール キャッシュ が有効にされているロールの実行中のインスタンスの数に依存します。さらに、それらの仮想マシンのサイズと、ロールの インロール キャッシュ に割り当てられるメモリのパーセンテージにも依存します。 ロールの インロール キャッシュ は高可用性、リージョン、通知、および複数の名前付きキャッシュなどの追加の機能をサポートします。それはクラウド サービスの一部であるため、ロールの インロール キャッシュ は、Shared Caching よりパフォーマンスも向上しているはずです。

ロールベースの インロール キャッシュ の詳細については、次のリソースを参照してください。

インロール キャッシュ バイナリは最新の SDK に含まれています。インロール キャッシュ に必要なすべてのものを取得するには、最新の SDK および Visual Studio ツールをダウンロードしてインストールしてください。

はい。インロール キャッシュ は SDK でリリースされました。

インロール キャッシュ は Azure Management Portal からプロビジョニングされません。代わりに、インロール キャッシュ はクラウド サービス デプロイの一部として構成されます。

インロール キャッシュ はクラウド サービス デプロイの一部としてプロビジョニングされます。インロール キャッシュ は、同じデプロイ内のすべてのロールに キャッシュ を提供するロールで有効にします。インロール キャッシュ は、Visual Studio のロールのプロパティの [キャッシュ] タブから有効にできます。詳細については、「Azure ロールでのキャッシュの構成」を参照してください。

インロール キャッシュ に関連付けられたプレミアムはありません。代わりに、Azure ロール インスタンスのコンピューティング時間に対し、標準料金を使用して課金されます。たとえば、ASP.NET Web サイトを実行する 3 つの Web ロール インスタンスがあった場合、それらのインスタンス上の特別なメモリを キャッシュ に使用できた可能性があります。この例では、既存の Web ロールでの キャッシュ の使用に対する追加の課金はありません。ただし、追加の Web ロール インスタンスまたは専用の インロール キャッシュ ロールを追加する必要があることがわかったと考えられます。この場合、キャッシュ に必要な追加の実行中のロール インスタンスに対して課金されます。

インロール キャッシュ では、各ロール インスタンスからのメモリのパーセンテージが キャッシュ に使用可能な合計メモリに寄与します。キャッシュ サイズを変更する方法は 2 つあります。まず、ロールの キャッシュ に予約されているメモリのパーセンテージを変更できます。2 つ目に、インロール キャッシュ が有効にされているロールのインスタンスの数を増減することによって、キャッシュ に使用可能なメモリの量を増減できます。Azure Management Portal はこの変更を実行中のクラウド サービスに適用する機能をサポートしています。メモリの実際の変更は、ターゲット ロールの仮想マシンのサイズと インロール キャッシュ に割り当てられたメモリのパーセンテージに依存します。

キャッシュには任意の種類のデータを保存できます。要件は、データがシリアル化可能であることだけです。たとえば、次のようなものが挙げられます。

  • 共通言語ランタイム (CLR) のオブジェクト



  • XML

  • バイナリ データ

簡単な API を使用して、プログラムによってキャッシュを操作できます。さらに、ASP.NET セッション状態およびページ出力のプロバイダーとしてキャッシュを構成することもできます。

ロールで インロール キャッシュ をホストできる主な方法は 2 つあります。併置と専用。併置型トポロジでは、インロール キャッシュ をホストするロールが、他の Web ロールまたはワーカー ロールの機能もホストします。ロールのメモリおよびリソースは、キャッシュ アプリケーション コード、それ以外のアプリケーション コード、およびサービスで共有されます。専用トポロジは、ワーカー ロールでサポートされ、ワーカー ロールのみがキャッシュをホストします。これらの キャッシュ トポロジの違いは、主に キャッシュ に割り当てられるメモリのパーセンテージにあります。詳細については、併置型キャッシュ ロール専用キャッシュ ロールに関するトピックを参照してください。

インロール キャッシュ に定義済みの使用量クォータはありません。ただし、キャッシュのメモリの量とパフォーマンスは物理リソースによって制限されます。たとえば、キャッシュ は物理メモリのみを使用します。仮想マシン インスタンスで組み合わされた使用可能なメモリより多くの物理メモリを使用することはできません。その他の物理リソースの制限がある可能性もあります。たとえば、ワーカー ロールで、大量の処理時間を使用する場合に、そのロールに インロール キャッシュ を追加すると、キャッシュ のパフォーマンスが低下する可能性があります。

キャッシュ に ロールを使用することで、事前定義されたクォータのない、アプリケーションに最適な方法で、キャッシュ を構成するための制御と柔軟性が得られます。

関連項目

この情報は役に立ちましたか。
(残り 1500 文字)
フィードバックをいただき、ありがとうございました
表示:
© 2015 Microsoft