セールス: 1-800-867-1380
この記事は機械翻訳されたものです。 記事の文章にポインターを重ねると、原文のテキストが表示されます。 詳細情報
訳文
原文

BLOB のスナップショットの作成

 

BLOB のスナップショットを作成できます。 スナップショットとは、ある時点で取得された BLOB の読み取り専用バージョンです。 作成したスナップショットは読み取り、コピー、削除を行うことができますが、変更はできません。 スナップショットを使用すると、任意の時点で表示された BLOB をバックアップすることができます。

Blob のスナップショットには、スナップショットの取得元となるベース blob と同じ名前で、 DateTime 、スナップショットが取得されたときを示すために、値が付加されます。 たとえば、ページ blob の URI である場合は http://storagesample.core.blob.windows.net/mydrives/myvhd, 、URI はようになりますが、スナップショット http://storagesample.core.blob.windows.net/mydrives/myvhd?snapshot=2011-03-09T01:42:34.9360000Zです。 この値を使用して、今後の操作でスナップショットを参照できます。 Blob のスナップショットは、URI を共有して、これによってのみ区別されます DateTime 値。 クライアント ライブラリ コードで、blob の P:Microsoft.WindowsAzure.StorageClient.BlobAttributes.Snapshot プロパティ、 DateTime 、ベース blob に基づいてスナップショットを一意に識別する値。 この値を使用して、スナップショットを詳細に操作できます。

BLOB に対するスナップショットの数に制限はありません。 スナップショットは、明示的に削除されるまで保持されます。スナップショットは、コピー元 BLOB よりも長く保持することはできません。 BLOB に関連付けられたスナップショットを列挙して、現在のスナップショットを追跡することができます。

プロパティの継承

BLOB のスナップショットを作成すると、システム プロパティが同じ値でスナップショットにコピーされます。 .NET ストレージ クライアント ライブラリについてコピーされるシステム プロパティを次に示します。

  • P:Microsoft.WindowsAzure.StorageClient.BlobProperties.ContentType

  • P:Microsoft.WindowsAzure.StorageClient.BlobProperties.ContentEncoding

  • P:Microsoft.WindowsAzure.StorageClient.BlobProperties.ContentLanguage

  • P:Microsoft.WindowsAzure.StorageClient.BlobProperties.Length

  • P:Microsoft.WindowsAzure.StorageClient.BlobProperties.CacheControl

  • P:Microsoft.WindowsAzure.StorageClient.BlobProperties.ContentMd5

ベース BLOB に関連付けられたリースはスナップショットにコピーされません。 スナップショットはリースできません。

スナップショットのコピー

BLOB やスナップショットに関連するコピー操作は次のルールに従います。

  • スナップショットをベース BLOB にコピーします。 スナップショットをベース BLOB に昇格することにより、BLOB を以前のバージョンに復元できます。 スナップショットは元のままですが、スナップショットのソースは読み取りおよび書き込みできるコピーによって上書きされます。

  • スナップショットを別の名前でコピー先 BLOB にコピーします。 結果となるコピー先 BLOB は書き込み可能な BLOB であり、スナップショットではありません。

  • コピー元 BLOB をコピーしても、コピー元 BLOB のスナップショットはコピー先にコピーされません。 コピー先 BLOB をコピーで上書きした場合、コピー先 BLOB に関連付けられたスナップショットは名前が変わっても元のままです。

  • ブロック BLOB のスナップショットを作成する場合、BLOB のコミットされたブロック リストもスナップショットにコピーされます。 コミット前のブロックはコピーされません。

アクセス条件の指定

アクセス条件を指定することで、その条件を満たしている場合にのみスナップショットを作成することができます。 使用して、アクセス条件を指定する、 P:Microsoft.WindowsAzure.StorageClient.BlobRequestOptions.AccessCondition プロパティです。 指定した条件が満たされないと、スナップショットは作成されず、Blob サービスには、ステータス コードが返されます HTTPStatusCode.PreconditionFailedです。

スナップショットの削除

スナップショットを持つ BLOB は、スナップショットが削除されてからでないと、削除できません。 スナップショットは個別に削除できます。また、コピー元 BLOB を削除するとき、ストレージ サービスを利用してすべてのスナップショットを削除することもできます。 スナップショットを持つ BLOB を削除しようとすると、エラーが返されます。

スナップショットへの絶対 URI の作成

次のコード例は、ベース BLOB オブジェクトからのスナップショットの絶対 URI を作成します。

var snapshot = blob.CreateSnapshot(); var uri = Microsoft.WindowsAzure.StorageClient.Protocol.BlobRequest.Get (snapshot.Uri, 0, snapshot.SnapshotTime.Value, null).Address.AbsoluteUri;

M:Microsoft.WindowsAzure.StorageClient.CloudBlob.CreateSnapshot
M:Microsoft.WindowsAzure.StorageClient.CloudDrive.Snapshot
P:Microsoft.WindowsAzure.StorageClient.CloudBlob.SnapshotTime
Snapshot Blob
Put Block (REST API)
Put Block List (REST API)
Put Page (REST API)
Delete Blob
BLOB リソースの列挙
スナップショットの課金方法について

この情報は役に立ちましたか。
(残り 1500 文字)
フィードバックをいただき、ありがとうございました
表示:
© 2016 Microsoft