セールス: 1-800-867-1380

Azure 診断を使用したログ データの収集

更新日: 2014年12月

Windows Azure 診断では、Windows Azure で実行されているアプリケーションから診断データを収集できます。診断データは、デバッグ、トラブルシューティング、パフォーマンスの測定、リソース利用状況の監視、トラフィック分析、キャパシティ プランニング、監査などに使用できます。収集した診断データは、Windows Azure ストレージ アカウントに転送して保存できます。転送はスケジュールに基づいて実行するか、またはオンデマンドで実行できます。

診断は XML 構成ファイルを使用して構成できます。Windows Azure の外部で実行されているアプリケーションから診断をリモートで構成することもできます。たとえば、Windows Azure の外部で実行されているカスタム ダッシュボード アプリケーションから診断を管理できます。診断をリモートで管理すると、アプリケーションを初期診断構成で起動し、その後アプリケーションを更新せずにアプリケーションの外部で実行されているコードから構成を変更できます。

以下では、診断について詳しく説明します。

診断データの収集は、診断モジュールをサービス モデルにインポートし、診断データの収集先のデータ ソースを構成して行います。診断データは、Windows Azure ストレージに転送して保存できます。診断モニターは、ロール インスタンスの診断データを収集するために Windows Azure と Microsoft Azure コンピューティング エミュレーター で実行されます。診断モジュールを使用するロール インスタンスは、ロール インスタンスの起動時に診断モニターを自動的に起動します。データを収集するには、診断データのソースを診断モニターの構成に追加する必要があります。Windows Azure ログ、IIS 7.0 ログ、Windows Azure 診断インフラストラクチャ ログに加えて、IIS の失敗した要求トレース ログ、Windows イベント ログ、クラッシュ ダンプ、カスタム エラー ログなどのソースからもログ データを収集できます。診断の設定を開始するには、Azure 診断構成の初期化または変更 の情報を使用します。

Windows Azure アプリケーションの開発時にトレースとデバッグのインストルメントを追加し、そのインストルメントをアプリケーションの開発中とアプリケーションの展開後に使用することができます。トレースを実装すると、アプリケーションの実行中にフローを確認できます。また、トレースを使用して、アプリケーションで発生する可能性のある問題をデバッグすることもできます。トレース用にアプリケーションを指定する方法の詳細については、「Azure アプリケーションのフローのトレース」を参照してください。

パフォーマンス カウンターを使用すると、Windows Azure アプリケーションの状態を測定できます。既存のパフォーマンス カウンターからデータを収集するか、またはカスタム パフォーマンス カウンターを作成して追加のデータを収集できます。パフォーマンス カウンターの詳細については、「Azure アプリケーションでのパフォーマンス カウンターの作成と使用」を参照してください。

診断データの収集は、診断モジュールをサービス モデルにインポートし、診断データの収集先のデータ ソースを構成して行います。データ ソースで収集された診断データを永続的に保存するには、Windows Azure ストレージに転送する必要があります。特定のストレージ アカウントを使用して転送を行うように、診断モニターを構成します。転送を実行するには、適切な資格情報を使用する必要があります。アプリケーションをコンピューティング エミュレーターで実行している場合は、転送先のストレージとしてストレージ エミュレーターを指定できます。また、診断構成が保存されているアカウントと同じアカウントである Windows Azure ストレージ アカウントを指定することもできます。診断データは、スケジュール設定された間隔またはオンデマンドでストレージに転送できます。診断データの保存と表示の詳細については、「Azure ストレージへの診断データの保存と表示」を参照してください。

Windows Azure SDK for .NET 2.0 での重大な変更については、「Breaking Changes in Azure Diagnostics (SDK 2.0)」を参照してください。

この情報は役に立ちましたか。
(残り 1500 文字)
フィードバックをいただき、ありがとうございました
表示:
© 2015 Microsoft