セールス: 1-800-867-1380

Visual Studio を使用した Azure プロジェクトでのロール管理

更新日: 2014年8月

Windows Azure プロジェクトの作成後、そのプロジェクトに新しいロールを追加したり、プロジェクトから既存のロールを削除したりできます。また、既存のプロジェクトをインポートし、そのプロジェクトをロールに変換することもできます。たとえば、ASP.NET Web アプリケーションをインポートし、そのアプリケーションを Web ロールとして指定できます。

ロールを追加するには、[ロール] ノードのショートカット メニューを開き、[追加] をクリックします。現在のソリューションから Web ロールまたはワーカー ロールを選択したり、新しい Web ロール プロジェクトまたはワーカー ロール プロジェクトを作成したりできます。または、ASP.NET Web アプリケーション プロジェクトなどの適切なプロジェクトを選択して、そのプロジェクトをロール プロジェクトに関連付けることができます。

ロールの関連付けを削除するには、Windows Azure プロジェクトの [ロール] ノードのショートカット メニューを開き、[削除] をクリックします。

ソリューションからのロールの削除およびソリューションへのロールの追加

ロールを削除し、後から既存のロールを現在のソリューションに戻す必要がある場合は、ロールの宣言と基本属性のみが追加されます。たとえば、エンドポイントと診断の情報が追加されます。ServiceDefinition.csdef ファイルまたは ServiceConfiguration.cscfg ファイルには、追加のリソースと参照は追加されません。これらのファイルにこの情報を手動で戻す必要があります。

たとえば、Web サービス ロールを削除した後、このロールを再びソリューションに追加することになったとします。これを実行すると、エラーが発生します。このエラーを回避するには、次の XML に示す <LocalResources> を ServiceDefinition.csdef ファイルに追加する必要があります。ソリューションに戻した Web サービス ロールの名前を <LocalStorage> 要素の名前属性の一部として使用します。この例では、Web サービス ロールの名前は WCFServiceWebRole1 です。

<WebRole name="WCFServiceWebRole1">     <Sites>       <Site name="Web">         <Bindings>           <Binding name="Endpoint1" endpointName="Endpoint1" />         </Bindings>       </Site>     </Sites>     <Endpoints>       <InputEndpoint name="Endpoint1" protocol="http" port="80" />     </Endpoints>     <Imports>       <Import moduleName="Diagnostics" />     </Imports>    <LocalResources>       <LocalStorage name="WCFServiceWebRole1.svclog" sizeInMB="1000" cleanOnRoleRecycle="false" />    </LocalResources> </WebRole> 

関連項目

この情報は役に立ちましたか。
(残り 1500 文字)
フィードバックをいただき、ありがとうございました
表示:
© 2015 Microsoft