セールス: 1-800-867-1380

Set Blob Properties

更新日: 2015年4月

Set Blob Properties 操作は BLOB のシステム プロパティを設定します。

Set Blob Properties 要求の構成は次のとおりです。HTTPS が推奨されます。myaccount はストレージ アカウントの名前に置き換えます。

 

  PUT メソッド要求の URI HTTP バージョン

https://myaccount.blob.core.windows.net/mycontainer/myblob?comp=properties

HTTP/1.1

エミューレートされたストレージ サービスに対する要求では、エミュレーターのホスト名と BLOB サービス ポートを 127.0.0.1:10000 と指定し、その後にエミューレートされたストレージ アカウント名を指定します。

 

  PUT メソッド要求の URI HTTP バージョン

http://127.0.0.1:10000/ devstoreaccount1/mycontainer/myblob?comp=properties

HTTP/1.1

詳細については、「Using the Azure Storage Emulator for Development and Testing」を参照してください。

次の追加パラメーターを要求の URI で指定できます。

 

Parameter 説明

timeout

省略可能。timeout パラメーターは、秒単位で表されます。詳細については、「BLOB サービス操作のタイムアウトの設定」を参照してください。

ブロック BLOB およびページ BLOB の操作に使用する必須要求ヘッダーと省略可能な要求ヘッダーを次の表に示します。

 

要求ヘッダー 説明

Authorization

必須。認証スキーム、アカウント名、および署名を指定します。詳細については、「Azure ストレージ サービスの認証」を参照してください。

Date またはx-ms-date

必須。要求の世界協定時刻 (UTC) を指定します。詳細については、「Azure ストレージ サービスの認証」を参照してください。

x-ms-version

認証されたすべての要求について必須です。この要求に使用する操作のバージョンを指定します。詳細については、「Windows Azure の BLOB サービス、キュー サービス、およびテーブル サービスのバージョン管理」を参照してください。

x-ms-blob-cache-control

省略可能。BLOB のキャッシュ制御文字列を変更します。

このプロパティを要求に指定しない場合、BLOB ではこのプロパティはクリアされます。以後の Get Blob Properties (REST API) の呼び出しでは、再度 BLOB で明示的に設定しない限り、このプロパティは返されません。

x-ms-blob-content-type

省略可能。BLOB のコンテンツの種類を設定します。

このプロパティを要求に指定しない場合、BLOB ではこのプロパティはクリアされます。以後の Get Blob Properties (REST API) の呼び出しでは、再度 BLOB で明示的に設定しない限り、このプロパティは返されません。

x-ms-blob-content-md5

省略可能。BLOB の MD5 ハッシュを設定します。

このプロパティを要求に指定しない場合、BLOB ではこのプロパティはクリアされます。以後の Get Blob Properties (REST API) の呼び出しでは、再度 BLOB で明示的に設定しない限り、このプロパティは返されません。

x-ms-blob-content-encoding

省略可能。BLOB のコンテンツのエンコードを設定します。

このプロパティを要求に指定しない場合、BLOB ではこのプロパティはクリアされます。以後の Get Blob Properties (REST API) の呼び出しでは、再度 BLOB で明示的に設定しない限り、このプロパティは返されません。

x-ms-blob-content-language

省略可能。BLOB のコンテンツの言語を設定します。

このプロパティを要求に指定しない場合、BLOB ではこのプロパティはクリアされます。以後の Get Blob Properties (REST API) の呼び出しでは、再度 BLOB で明示的に設定しない限り、このプロパティは返されません。

x-ms-lease-id:<ID>

BLOB にアクティブなリースが存在する場合は必須です。アクティブなリースが存在する BLOB に対してこの操作を実行するには、このヘッダーに有効なリース ID を指定します。

x-ms-client-request-id

省略可能。Storage Analytics Logging が有効な場合に解析ログに記録される、クライアントで生成された非透過の値を 1 KB の文字制限付きで提供します。クライアント側のアクティビティとサーバーが受け取る要求を相互に関連付けるには、このヘッダーを使用することを強くお勧めします。詳細については、「Storage Analytics Logging について」および「Azure のログ:ログを使用した、ストレージ要求の追跡」を参照してください。

x-ms-blob-content-disposition

省略可能。BLOB の Content-Disposition ヘッダーを設定します。バージョン 2013-08-15 以降で使用できます。

Content-Disposition 応答ヘッダー フィールドは、応答ペイロードを処理する方法に関する追加情報を伝達し、追加のメタデータをアタッチするために使用することもできます。たとえば、attachment に設定した場合、ユーザー エージェントで応答を表示する代わりに、指定された BLOB 名以外のファイル名が設定された [名前を付けて保存] ダイアログ ボックスを表示することを示します。

Get Blob 操作と Get Blob Properties (REST API) 操作からの応答には、content-disposition ヘッダーが含まれます。

Origin

省略可能。要求の送信元を指定します。このヘッダーが存在する場合、応答のクロス オリジン リソース共有ヘッダーになります。詳細については、「Azure ストレージ サービスでのクロス オリジン リソース共有 (CORS) のサポート」を参照してください。

この操作では、条件ヘッダーを使用して、指定した条件を満たした場合にのみ BLOB のプロパティを設定することもできます。詳細については、「BLOB サービス操作の条件ヘッダーの指定」を参照してください。

ページ BLOB の操作のみを適用対象とする要求ヘッダーを次の表に示します。

 

要求ヘッダー 説明

x-ms-blob-content-length: byte value

省略可能。ページ BLOB のサイズを指定したサイズに変更します。指定した値が現在の BLOB のサイズより小さい場合、指定した値を超えるすべてのページはクリアされます。

このプロパティは、ブロック BLOB のサイズ変更には使用できません。このプロパティをブロック BLOB に設定すると、ステータス コード 400 (Bad Request) が返されます。

x-ms-sequence-number-action: {max, update, increment}

省略可能です。ただし、要求に x-ms-blob-sequence-number ヘッダーを設定した場合は必須です。このプロパティはページ BLOB のみに適用されます。

このプロパティは、サービスが BLOB のシーケンス番号を変更する方法を設定します。このプロパティに次のオプションのいずれかを指定します。

  • max: シーケンス番号を、要求に指定された値および BLOB に現在格納されている値を超える値に設定します。

  • update: シーケンス番号を要求に指定された値に設定します。

  • increment: シーケンス番号の値を 1 ずつ増やします。このオプションを指定する場合、x-ms-blob-sequence-number header をインクルードしないでください。インクルードした場合、ステータス コード 400 (Bad Request) が返されます。

x-ms-blob-sequence-number: <num>

省略可能です。ただし、x-ms-sequence-number-action プロパティを max または update に設定した場合は必須です。このプロパティはページ BLOB のみに適用されます。

このプロパティは、BLOB のシーケンス番号を設定します。シーケンス番号は、ユーザーが要求を追跡し、同時実行の問題を管理するために使用するユーザー制御プロパティです。詳細については、Put Page (REST API) 操作を参照してください。

このプロパティと x-ms-sequence-number-action を使用して、BLOB のシーケンス番号を指定した値に更新するか、要求に指定された値または BLOB に現在格納されている値より大きい値に更新します。x-ms-sequence-number-actionincrement に設定した場合、このヘッダーを指定しないでください。この設定では、サービスが自動的にシーケンス番号を 1 増やします。

シーケンス番号を選択した値に設定するには、要求にこのプロパティと x-ms-sequence-number-action を指定する必要があります。

ありません。

応答には、HTTP 状態コードおよび一連の応答ヘッダーが含まれています。

操作が正常に終了すると、ステータス コード 200 (OK) が返されます。

ステータス コードの詳細については、「ステータス コードとエラー コード」を参照してください。

この操作の応答には、次のヘッダーが含まれています。応答に追加の標準 HTTP ヘッダーが含まれる場合もあります。標準ヘッダーはすべて、HTTP/1.1 プロトコル仕様に準拠しています。

 

構文 説明

ETag

ETag には、条件に基づく操作の実行に使用できる値が含まれます。詳細については、「BLOB サービス操作の条件ヘッダーの指定」を参照してください。要求バージョンが 2011-08-18 またはそれ以降である場合、ETag 値は引用符で囲まれます。

Last-Modified

BLOB が最後に更新された日時。日付形式は RFC 1123 に従います。詳細については、「ヘッダーにおける日付/時刻値の表現」を参照してください。

BLOB の書き込み操作 (BLOB のメタデータまたはプロパティの更新など) を行うと、BLOB の最終更新時刻が変更されます。

x-ms-blob-sequence-number

ページ BLOB の場合、このヘッダーで BLOB の現在のシーケンス番号が返されます。

x-ms-request-id

このヘッダーは要求を一意に識別するので、要求のトラブルシューティングに使用できます。詳細については、「API 操作のトラブルシューティング」を参照してください。

x-ms-version

要求の実行に使用する BLOB サービスのバージョンを示します。このヘッダーはバージョン 2009-09-19 以降で行った要求に対して返されます。

Date

サービスによって生成される、応答の開始時刻を示す UTC 日付/時刻値。

Access-Control-Allow-Origin

要求に Origin ヘッダーが含まれ、照合ルールで CORS が有効な場合に返されます。このヘッダーは、一致の場合にオリジン要求ヘッダーの値を返します。

Access-Control-Expose-Headers

要求に Origin ヘッダーが含まれ、照合ルールで CORS が有効な場合に返されます。要求のクライアントや発行元に公開される応答ヘッダーの一覧を返します。

Access-Control-Allow-Credentials

要求に Origin ヘッダーが含まれ、すべてのオリジンを許可しない照合ルールで CORS が有効な場合に返されます。このヘッダーは true に設定されます。

ありません。

この操作は、アカウント所有者と、この BLOB またはそのコンテナーに対する書き込みアクセス許可がある共有アクセス署名を持つ任意のユーザーのみが呼び出すことができます。

BLOB のプロパティを更新する場合のセマンティクスは次のとおりです。

  • ページ BLOB のシーケンス番号は、要求が次の条件のいずれかを満たした場合にのみ更新されます。

    • 要求で x-ms-sequence-number-actionmax または update に設定され、x-ms-blob-sequence-number ヘッダーの値も指定されている。

    • 要求で x-ms-sequence-number-actionincrement に設定され、これによりサービスがシーケンス番号を 1 増やすことが指定されている。

  • ページ BLOB のサイズは、要求で x-ms-content-length ヘッダーの値が指定されている場合にのみ変更されます。

  • 要求に x-ms-blob-sequence-number または x-ms-content-length、あるいはその両方のみが設定され、その他のプロパティが指定されていない場合、BLOB のその他のプロパティは変更されません。

  • 要求に次のプロパティの 1 つ以上が設定されている場合、これらのプロパティのすべてが共に設定されます。次のプロパティの 1 つ以上が設定され、一部のプロパティの値が指定されていない場合、指定されていないプロパティは BLOB ではクリアされます。

    • x-ms-blob-cache-control

    • x-ms-blob-content-type

    • x-ms-blob-content-md5

    • x-ms-blob-content-encoding

    • x-ms-blob-content-language

    • x-ms-blob-content-disposition

共有アクセス署名については、共有アクセス署名の一部としてクエリ パラメーターを指定することにより、BLOB 用に保存されている特定のプロパティをオーバーライドできることに注意してください。これらのプロパティには、cache-controlcontent-typecontent-encodingcontent-language、および content-disposition のプロパティがあります。詳細については、「共有アクセス署名 URI の構築」を参照してください。

この情報は役に立ちましたか。
(残り 1500 文字)
フィードバックをいただき、ありがとうございました
表示:
© 2015 Microsoft