セールス: 1-800-867-1380

HDInsight

更新日: 2015年1月

Azure HDInsight は、Apache™ Hadoop™ クラスターをクラウド内にデプロイしてプロビジョニングするためのサービスであり、ビッグ データに対する管理、分析、およびレポートのためのソフトウェア フレームワークを形成します。このサービスを利用すると、HDFS/MapReduce ソフトウェア フレームワークおよび関連するプロジェクト (Pig、Hive、Sqoop など) を、より単純で拡張性とコスト効率に優れた環境で利用できるようになります。また、HDInsight SDK はデータ シリアル化のための Microsoft Avro Library も提供します。

Azure の HDInsight サービスの使用方法の概要が説明されている、主要な概念に関するドキュメントは、「Azure の HDInsight のドキュメント」で利用可能です。

HDInsight サービスでは、Azure PowerShell を使用して Hadoop ジョブの構成、実行、および後処理を行います。HDInsight の管理に使用する Azure PowerShell Management コマンドレットに関するドキュメントは、「Azure HDInsight のコマンドレット」にあります。

HDInsight サービスに含まれる .NET SDK には、Azure HDInsight サービスで管理される Hadoop ジョブに対して作成、構成、送信、および監視が関連付けられたクラスが用意されています。また、HDInsight サービスを使用した Azure サブスクリプションを管理するために使用されるクラスや、Azure サブスクリプションに管理されている HDInsight クラスターに関連付けられたクラスター、ストレージ アカウント、MapReduce プログラム、Hive コンポーネント、および Oozie コンポーネントを構成するために使用されるクラスもあります。

また、HDInsight .NET SDK は Microsoft Avro Library も提供します。これは Avro データ シリアル化システムを実装したもので、リッチな JSON 定義データ構造とオブェクト コンテナーを使用して持続データを格納します。Avro データ形式は多くの言語で処理可能で、現在のところ、C、C++、C#、Java、PHP、Python、および Ruby でサポートされています。Microsoft Avro ライブラリを使用してオブジェクトやその他のデータ構造をストリームにシリアル化する方法の詳細については、「Microsoft Avro ライブラリを使用したデータのシリアル化」を参照してください。

Avro ライブラリを含む、.NET SDK のドキュメントは、「HDInsight SDK Reference Documentation」で利用可能です。

関連項目

この情報は役に立ちましたか。
(残り 1500 文字)
フィードバックをいただき、ありがとうございました
表示:
© 2015 Microsoft