セールス: 1-800-867-1380

Azure Managed Cache Service のリージョンとタグ付け

更新日: 2014年9月

noteメモ
アプリケーションに対して適切な Azure Cache サービスを選択するためのガイダンスについては、「どの Azure Cache を利用すればよいですか。」を参照してください。

Microsoft Azure Cache は、ユーザー定義リージョンの作成と使用をサポートします。リージョンはキャッシュされた項目のサブグループです。またリージョンでは、タグと呼ばれる追加の説明的な文字列を使用した、キャッシュされた項目への注釈付けがサポートされています。リージョンでは、そのリージョン内のすべてのタグ付けされた項目に対して検索操作を実行できます。

リージョンは省略可能です。使用する場合は、CreateRegion メソッドを使用して、コードで明示的に作成する必要があります。リージョンを作成したら、リージョンに挿入されたオブジェクトにタグを追加できます。リージョン名を使用できる Add および Put メソッドに対するオーバーロードがあります。特定のタグが指定されたオブジェクトをリージョンで検索するには、GetObjectsByTagGetObjectsByAnyTag、および GetObjectsByAllTags の各メソッドを使用します。

マネージ キャッシュ サービス では、キャッシュのメモリはサービスの異なる領域に分散されています。検索機能のアーキテクチャ要件のため、リージョン内のオブジェクトはキャッシュ サービスの単一のメモリ領域に配置されます。高可用性が有効になっている場合、リージョンのバックアップはキャッシュ サービスのメモリの異なる領域に存在します。この動作は、リージョンを使用しない場合とは異なります。そのシナリオでは、キャッシュの新しい項目はキャッシュ サービスのメモリのすべての領域に分散されます。

Warning警告
リージョン内のすべての項目はキャッシュ サービスの同じメモリ領域に配置される必要があるので、十分なメモリが残っているように見える場合であっても、項目がキャッシュから削除される可能性があります。複数の小さい領域を使用すると、リージョンとタグ付けの利点を実現できる可能性があります。

次の例では、Test という名前のリージョンを作成する方法を示します。

DataCache cache = new DataCache("default");
cache.CreateRegion("Test");

次の例では、タグと一緒に Test リージョンに 3 つのオブジェクトを追加する方法を示します。

List<DataCacheTag> tagList1 = new List<DataCacheTag>()
{ 
    new DataCacheTag("Tag1"),
    new DataCacheTag("Tag2")
};
List<DataCacheTag> tagList2 = new List<DataCacheTag>()
{
    new DataCacheTag("Tag3")
};
cache.Put("Key1", "Value1", tagList1, "Test");
cache.Put("Key2", "Value2", tagList1, "Test");
cache.Put("Key3", "Value3", tagList2, "Test");

次の例では、Test リージョンで Tag1 タグが設定されたすべてのオブジェクトを検索する方法を示します。

foreach (KeyValuePair<string, object> result in 
    cache.GetObjectsByTag(new DataCacheTag("Tag1"), "Test"))
{
    string keyValue = result.Key;
    string objectValue = result.Value.ToString();
}

関連項目

その他のリソース

Azure Managed Cache Service の機能

この情報は役に立ちましたか。
(残り 1500 文字)
フィードバックをいただき、ありがとうございました
表示:
© 2015 Microsoft