セールス: 1-800-867-1380
この記事は機械翻訳されたものです。 記事の文章にポインターを重ねると、原文のテキストが表示されます。
訳文
原文

Azure ストレージ サービスのバージョン管理

 

Microsoft Azure ストレージ サービスは複数のバージョンをサポートしています。 ストレージ サービスに対して要求を実行する場合、要求が匿名でなければ、その操作に使用するバージョンを指定する必要があります。

Azure ストレージ サービスの現在のバージョンは 2015年-04-05、可能な場合は、そのバージョンの使用をお勧めします。 サポートされている他のすべてのバージョンの一覧については、および各バージョンを使用する方法については、「 Azure ストレージ サービスのバージョンの 2015年-02-21 およびそれ以前です。

バージョン 2015年-04-05 には、これらの変更が含まれています。

  • Azure ファイル サービスの一般提供が開始します。 ファイル サービスのサポートは、SMB 3.0 だけでなく SMB 2.1 ようになりました。 すべての新規および既存のストレージ アカウントには、ファイル サービスのエンドポイントが含まれます。

    Windows でファイル サービスの使用の概要については、次を参照してください。 と Windows Azure のファイルのストレージを使用する方法です。 Linux でファイル サービスの使用の概要については、次を参照してください。 Linux でのファイルを Azure のストレージを使用する方法です。

  • Azure ファイル サービスでは、Storage Analytics metrics できるようになりました。 Azure プレビュー ポータルで、.NET、Java、ストレージ クライアント ライブラリから、PowerShell または REST API からのファイル サービスのメトリックを構成することができます。 使用して、 Set File Service Properties ファイル サービスのメトリックがメトリックを構成する操作。 使用して ファイル サービスのプロパティの取得 メトリックの設定を取得します。 ファイル サービスのメトリックについては、次を参照してください。 Storage Analyticsです。

  • SAS のアカウントは、新しいストレージ アカウントのレベルでの共有アクセス署名の種類です。 SA アカウントを使用することができます。

    • など、サービスに固有の SAS、現在利用可能なサービス レベルの操作へのアクセスの委任、 Get/Set Service PropertiesGet Service Stats 操作します。

    • 同時には、ストレージ アカウント内の 1 つ以上のサービスへのアクセスを委任します。 たとえば、SA アカウントを使用して、Blob、およびファイルの両方のサービスでのリソースへのアクセスを委任できます。

    • 書き込み、および削除のコンテナー、キュー、テーブル、およびファイルの共有は、SAS オブジェクトに固有では使用のための操作へのアクセスを委任します。

    • IP アドレスまたは元の要求を受け入れるための範囲の IP アドレスを指定します。

    • 要求 (HTTPS または HTTP または HTTPS) をそのまま使用する HTTP プロトコルを指定します。

    詳細については、SAS のアカウントは、次を参照してください。 です。

    System_CAPS_noteメモ

    現在、Blob、およびファイル サービスに対してのみアカウント SAS がサポートされています。 サポートされるか、テーブルおよびキュー サービスの近い将来にします。

  • SAS のアカウントとサービスの SAS の両方には、SAS トークンを 2 つの新しい省略可能なフィールドが含まれます。

    • 署名付きの ip アドレス (sip) フィールドは、IP アドレスまたは元の要求を受け入れるための範囲の IP アドレスを指定します。

    • 署名付きのプロトコル (spr) フィールドが要求 (HTTPS または HTTP または HTTPS) をそのまま使用する HTTP プロトコルを指定します。

    SA アカウントまたは 2015年-04-05 のバージョンでは、サービス SAS の署名の文字列を構築するには、ときに、符号付きの IP を含める必要があり、署名文字列でプロトコルを署名します。 参照してください と 共有アクセス署名 URI の構築 の詳細。

  • Copy Blob, 、Abort Copy Blob, 、ファイルのコピー, 、および Abort Copy File 操作がようになりましたが、同じストレージ アカウントまたは別のストレージ アカウントにある場合は、コピー先 blob の SAS を使用してをサポートします。

要求に使用するストレージ サービスのバージョンを指定する方法は、要求の認証方法と関係があります。 ここでは、認証オプションと、各オプションでサービス バージョンを指定する方法について説明します。

  1. 共有キーまたは共有キー Lite を使用する要求。共有キー/共有キー Lite の要求を認証に渡す必要があります、 x-ms-version ヘッダーを要求します。 場合は、Blob サービスを呼び出してすべての要求の既定のバージョンを指定できる Set Blob Service Propertiesです。

  2. 共有アクセス署名 (SAS) を使用する要求。共有アクセス署名の 2 つのバージョン管理オプションを指定できます。 指定した場合、省略可能な api-version ヘッダーを使用して、API 操作を実行するサービスのバージョンを示します。 SignedVersion (sv) パラメーターは、承認し、sas で行われた要求の認証に使用するサービスのバージョンを指定します。 場合、 api-version ヘッダーが指定されていない場合、次の値、 SignedVersion (sv) パラメーターには、API 操作の実行に使用するバージョンもことを示します。

  3. 匿名アクセスを使用する要求。Blob サービスに対する匿名アクセスは、バージョンは渡されません。要求のバージョンが使用されているヒューリスティックは次のとおりです。

共有キー/共有キー Lite の要求を認証するには、次のように指定します。、 x-ms-version ヘッダーを要求します。 x-ms-version YYYY の形式で要求ヘッダーの値を指定する必要があります。 例:

Request Headers: x-ms-version: 2015-04-05

次の規則は、共有キー/共有キー Lite を使用する要求を評価して、要求を処理するときに使用するバージョンを決定する方法を示します。

  • 要求に有効な場合 x-ms-version ヘッダーでは、ストレージ サービスは、指定されたバージョンを使用します。 共有アクセス署名を使用してテーブルおよびキュー サービスに対するすべての要求を指定する必要があります、 x-ms-version ヘッダーです。 共有アクセス署名を使用しない Blob サービスへのすべての要求を指定する必要があります、 x-ms-version ヘッダーしない限り、既定のバージョンが設定されている以下のとおりです。

  • Blob サービスへの要求がないかどうか、 x-ms-version ヘッダーも、アカウント所有者を使用して既定のバージョンを設定が Set Blob Service Properties, 、指定された既定のバージョンが、要求のバージョンとして使用します。

2015-04-05 のバージョンまたはそれ以降がサポートされています 2 つのバージョン管理のオプションを使用して生成、共有アクセス署名 (SAS):

  • api-version クエリ パラメーターは、SAS を使用して行われた要求を処理するために使用する REST プロトコルのバージョンを定義します。

  • SignedVersion (sv) クエリ パラメーターを認証および承認を使用する SAS バージョンを定義します。

SignedVersion クエリ パラメーターは、クライアントが SAS を使用して、要求した場合、認証と承認に使用します。 などの認証と承認のパラメーター si, 、sr, 、sp, 、sig, 、st, 、se, 、tn, 、spk, 、srk, 、epk, 、および erk バージョン 2014年-02-14 を使用してすべて解釈されます。

REST プロトコルのパラメーターなど rscc, 、rscd, 、rsce, 、rscl, 、および rsct で提供されるバージョンを使用して適用されます、 api-version パラメーター ヘッダー。 場合、 api-version ヘッダーが指定されていない次のサービスのバージョンが提供される SignedVersion を使用します。

なお、 api-version パラメーターが含まれていないを署名対象文字列、認証に」の説明に従って 共有アクセス署名 URI の構築です。

次の表では、バージョン管理スキームが認証と承認、および REST プロトコルを呼び出すために、サービスで使用されるときに、 SignedVersion パラメーターは、バージョン 2014年-02-14 に設定されて以降。

値の api バージョン パラメーター

認証と承認に使用されるバージョン

プロトコル動作に使用されるバージョン

指定しない

指定されたバージョン、 sv パラメーター

指定されたバージョン、 sv パラメーター

形式での任意の有効なストレージ サービス バージョン XXXX-XX-XX

指定されたバージョン、 sv パラメーター

有効なストレージ サービスのバージョン XXXX-XX-XX

例 1

次のサンプルの要求では List Blobssv=2015-04-05, と使用しない場合、 api-version パラメーター。

https://myaccount.blob.core.windows.net/mycontainer?restype=container&comp=list&sv=2015-04-05&si=readpolicy&sig=a39 %2BYozJhGp6miujGymjRpN8tsrQfLo9Z3i8IRyIpnQ%3d

この場合は、サービス認証および 2015年-04-05 のバージョンを使用して要求を承認し、2015年-04-05 のバージョンを使用して、操作を実行します。

例 2

次のサンプルの要求では List Blobssv=2015-04-05 と、 api-version パラメーター。

https://myaccount.blob.core.windows.net/mycontainer?restype=container&comp=list&sv=2015-04-05&si=readpolicy&sig=a39 %2BYozJhGp6miujGymjRpN8tsrQfLo9Z3i8IRyIpnQ%3d&api-version=2012-02-12

ここでは、サービスが認証 2015年-04-05 のバージョンを使用して要求を承認して、バージョン 2012年-02-12 を使用して、操作を実行します。

System_CAPS_noteメモ

.NET ストレージ クライアント ライブラリは、REST プロトコルのバージョンを常に設定 (で、 api-version パラメーター) バージョンに基づいています。

Blob サービスへの要求が指定されていないかどうか、 x-ms-version ヘッダー、およびサービスの既定のバージョンが設定されていないを使用して Set Blob Service Properties, 、最も古いバージョンの Blob サービスが要求の処理に使用します。 ただし、コンテナーがパブリックに行われた場合、 Set Container ACL バージョン 2009年-09-19 を使用して実行されると、バージョン 2009年-09-19 を使用して、要求を処理し、新しい操作します。

この情報は役に立ちましたか。
(残り 1500 文字)
フィードバックをいただき、ありがとうございました
表示:
© 2016 Microsoft