セールス: 1-800-867-1380
この記事は機械翻訳されたものです。 記事の文章にポインターを重ねると、原文のテキストが表示されます。
訳文
原文

Delete Blob

 

Delete Blob 操作は、指定した blob またはスナップショットを削除対象としてマークします。 BLOB は、後でガベージ コレクション中に削除されます。

BLOB を削除するには、そのスナップショットをすべて削除する必要があります。 同時に両方を削除することができます、 Delete Blob 操作します。

Delete Blob 要求は次のように作成されます。 HTTPS が推奨されます。 置き換える myaccount をストレージ アカウントの名前。

DELETE メソッド要求の URI

HTTP バージョン

https://myaccount.blob.core.windows.net/mycontainer/myblob

https://myaccount.blob.core.windows.net/mycontainer/myblob?snapshot=<DateTime>

HTTP/1.1

エミュー レートされたストレージ サービスに対する要求を行うときに、エミュレーターのホスト名ととしての Blob サービス ポートを指定 127.0.0.1:10000, 、その後にエミュー レートされたストレージ アカウントの名前。

DELETE メソッド要求の URI

HTTP バージョン

http://127.0.0.1:10000/devstoreaccount1/mycontainer/myblob

HTTP/1.1

詳細については、XmlLite の概要を参照してください。

次の追加パラメーターを要求の URI で指定できます。

Parameter

description

snapshot

省略可能です。 Snapshot パラメーターする非透過的なは DateTime 存在する場合は、削除する blob のスナップショットを指定する値。 Blob のスナップショットの操作の詳細については、次を参照してください。 Blob のスナップショットを作成します。です。

timeout

省略可能です。 timeout パラメーターは、秒単位で表されます。 詳細については、次を参照してください。 BLOB サービス操作のタイムアウトの設定です。

次の表は、必須の要求ヘッダーおよび省略可能な要求ヘッダーを示します。

要求ヘッダー

description

Authorization

必須。

認証スキーム、アカウント名、および署名を指定します。 詳細については、次を参照してください。 Azure ストレージ サービスの認証です。

Date または x-ms-date

必須。

要求の世界協定時刻 (UTC) を指定します。 詳細については、次を参照してください。 Azure ストレージ サービスの認証です。

x-ms-version

認証されたすべての要求について必須です。 詳細については、次を参照してください。 Azure ストレージ サービスのバージョン管理です。

x-ms-lease-id:<ID>

BLOB にアクティブなリースが存在する場合は必須です。

アクティブなリースが存在する BLOB に対してこの操作を実行するには、このヘッダーに有効なリース ID を指定します。 有効なリース ID が要求に指定されない場合、操作はステータス コード 403 (Forbidden) で失敗します。

x-ms-delete-snapshots: {include, only}

BLOB にスナップショットが関連付けられている場合は必須です。 次の 2 つのオプションのいずれかを指定します。

  • include:ベース blob とそのすべてのスナップショットを削除します。

  • only:Blob のスナップショットのみと blob 自体ではなく削除します。

このヘッダーは、ベース BLOB リソースに対する要求にのみ指定する必要があります。 このヘッダーを個々のスナップショットを削除するための要求で指定した場合、BLOB サービスはステータス コード 400 (Bad Request) を返します。

要求にこのヘッダーの指定がないときに BLOB にスナップショットが関連付けられている場合、BLOB サービスはステータス コード 409 (Conflict) を返します。

x-ms-client-request-id

省略可能です。 ストレージ解析ロギングが有効なときに解析ログに記録される、クライアントで生成された非透過の値を 1 KB の文字制限付きで提供します。 クライアント側のアクティビティをサーバーが受信した要求と関連付けるために、このヘッダーを使用することを強くお勧めします。 詳細については、次を参照してください Storage Analytics Logging についてAzure ロギング:ログ ストレージ要求の追跡を使用したです。

この操作では、条件ヘッダーを使用して、指定した条件を満たした場合にのみ BLOB を削除することもできます。 詳細については、次を参照してください。 Blob サービス操作の条件ヘッダーの指定です。

ありません。

応答には、HTTP ステータス コードと一連の応答ヘッダーが含まれます。

操作が正常に終了すると、ステータス コード 202 (Accepted) が返されます。

状態コードについては、次を参照してください。 ステータス コードとエラー コードです。

この操作の応答には、次のヘッダーが含まれています。 追加の標準 HTTP ヘッダーが応答に含まれていることもあります。 すべての標準ヘッダーに準拠している、 http/1.1 プロトコル仕様です。

要求ヘッダー

description

x-ms-request-id

このヘッダーは要求を一意に識別するので、要求のトラブルシューティングに使用できます。 詳細については、次を参照してください。 API 操作のトラブルシューティングです。

x-ms-version

要求の実行に使用する BLOB サービスのバージョンを示します。 このヘッダーはバージョン 2009-09-19 以降で行った要求に対して返されます。

Date

サービスによって生成される、応答の開始時刻を示す UTC 日付/時刻値。

この操作は、アカウント所有者、または、BLOB に対する削除アクセス許可がある共有アクセス署名を使用する任意のユーザーが実行できます。

正常に削除された BLOB は、その時点でストレージ アカウントのインデックスから削除され、クライアントからアクセスできなくなります。 BLOB のデータは、後でガベージ コレクション中にサービスから削除されます。

BLOB にアクティブなリースが存在する場合に BLOB を削除するには、クライアントは有効なリース ID を要求に指定する必要があります。

Blob のスナップショットの数が多いにある場合、あるを Delete Blob 操作がタイムアウトします。 これが発生した場合、クライアントは要求を再試行する必要があります。

バージョン 2013年-08-15 のクライアントが呼び出すことが後で、および Delete Blob をコミット前の blob を削除します。 コミット前の blob への呼び出しを使用して作成された blob は、 Put Block (REST API) を使用して操作のことはありませんでしたがコミットされた、 Put Block List (REST API) 操作します。 それ以前のバージョンの場合、クライアントは、BLOB を削除する前にコミットする必要があります。

この情報は役に立ちましたか。
(残り 1500 文字)
フィードバックをいただき、ありがとうございました
表示:
© 2016 Microsoft