セールス: 1-800-867-1380

Create Table

更新日: 2015年4月

Create Table 操作は、ストレージ アカウント内に新しいテーブルを作成します。

Create Table 要求の構成は次のとおりです。HTTPS が推奨されます。myaccount はストレージ アカウントの名前に置き換えます。

 

メソッド 要求 URI HTTP バージョン

POST

https://myaccount.table.core.windows.net/Tables

HTTP/1.1

エミューレートされたストレージ サービスに対する要求では、エミュレーターのホスト名とテーブル サービス ポートを 127.0.0.1:10002 と指定し、その後にエミューレートされたストレージ アカウント名を指定します。

 

メソッド 要求 URI HTTP バージョン

POST

http://127.0.0.1:10002/devstoreaccount1/Tables

HTTP/1.1

ストレージ エミュレーターのテーブル サービスは、Microsoft Azure™ のテーブル サービスとはいくつかの点で異なります。詳細については、「Differences between Development Storage and Cloud Storage Services」を参照してください。

ありません。

必須要求ヘッダーと省略可能な要求ヘッダーを次の表に示します。

 

要求ヘッダー 説明

Authorization

必須。認証スキーム、アカウント名、および署名を指定します。詳細については、「Azure ストレージ サービスの認証」を参照してください。

Date またはx-ms-date

必須。要求の世界協定時刻 (UTC) を指定します。詳細については、「Azure ストレージ サービスの認証」を参照してください。

x-ms-version

省略可能。この要求に使用する操作のバージョンを指定します。詳細については、「Windows Azure の BLOB サービス、キュー サービス、およびテーブル サービスのバージョン管理」を参照してください。

Content-Type

必須。ペイロードのコンテンツの種類を指定します。次の値をとります。

  • application/atom+xml

  • application/json

詳細については、「テーブル サービス操作のペイロード形式」を参照してください。

Accept

省略可能。応答ペイロードの受け入れられたコンテンツの種類を指定します。次の値をとります。

  • application/atom+xml

  • application/json;odata=nometadata

  • application/json;odata=minimalmetadata

  • application/json;odata=fullmetadata

詳細については、「テーブル サービス操作のペイロード形式」を参照してください。

Prefer

省略可能。応答で挿入されたエンティティをペイロードに含める必要があるかどうかを指定します。指定できる値は return-no-content および return-content です。

このヘッダーの詳細については、「挿入操作で応答のエコーを管理するための Prefer ヘッダーの設定」を参照してください。

Content-Length

必須。要求本文の長さ。

x-ms-client-request-id

省略可能。Storage Analytics Logging が有効な場合に解析ログに記録される、クライアントで生成された非透過の値を 1 KB の文字制限付きで提供します。クライアント側のアクティビティとサーバーが受け取る要求を相互に関連付けるには、このヘッダーを使用することを強くお勧めします。詳細については、「Storage Analytics Logging について」および「Azure のログ:ログを使用した、ストレージ要求の追跡」を参照してください。

要求本文では、作成するテーブルの名前を指定します。テーブル名は「テーブル サービス データ モデルについて」で説明されている名前付けの制約に準拠している必要があることに注意してください。

要求本文は、OData エンティティ セットです。これは、Atom フィードまたは JSON として表現できます。

Atom

Atom フィードとしての要求本文の一般的な形式は次のとおりです。

<?xml version="1.0" encoding="utf-8" standalone="yes"?>   
  <entry xmlns:d="http://schemas.microsoft.com/ado/2007/08/dataservices" 
    xmlns:m="http://schemas.microsoft.com/ado/2007/08/dataservices/metadata"
    xmlns="http://www.w3.org/2005/Atom"> 
    <title /> 
    <updated>2009-03-18T11:48:34.9840639-07:00</updated> 
    <author>
      <name/> 
    </author> 
      <id/> 
      <content type="application/xml">
        <m:properties>
          <d:TableName>mytable</d:TableName>
        </m:properties>
      </content> 
    </entry>

JSON

JSON フィードとしての要求本文の一般的な形式は次のとおりです。

{ 
    "TableName":"mytable"
}

有効なテーブル名については、「テーブル サービス データ モデルについて」の「テーブル名」を参照してください。

応答には、HTTP 状態コード、一連の応答ヘッダー、および応答本文が含まれています。

ステータス コードは、Prefer ヘッダーの値によって異なります。Prefer ヘッダーが return-no-content に設定されている場合、操作が正常に完了するとステータス コード 204 (No Content) が返されます。Prefer ヘッダーが指定されていない場合や return-content に設定されている場合、操作が正常に完了するとステータス コード 201 (Created) が返されます。詳細については、「挿入操作で応答のエコーを管理するための Prefer ヘッダーの設定」を参照してください。

ステータス コードの詳細については、「ステータス コードとエラー コード」および「テーブル サービスのエラー コード」を参照してください。

この操作の応答には、次のヘッダーが含まれています。応答に追加の標準 HTTP ヘッダーが含まれる場合もあります。標準ヘッダーはすべて、HTTP/1.1 プロトコル仕様に準拠しています。

 

応答ヘッダー 説明

x-ms-request-id

このヘッダーは要求を一意に識別するので、要求のトラブルシューティングに使用できます。詳細については、「API 操作のトラブルシューティング」を参照してください。

x-ms-version

要求の実行に使用するテーブル サービスのバージョンを示します。このヘッダーはバージョン 2009-09-19 以降で行った要求に対して返されます。

Date

サービスによって生成される、応答の開始時刻を示す UTC 日付/時刻値。

Preference-Applied

Prefer 要求ヘッダーが受け入れられたかどうかを示します。応答にこのヘッダーが含まれない場合、Prefer ヘッダーは受け入れられていません。このヘッダーが返された場合、その値は return-content または return-no-content になります。

詳細については、「挿入操作で応答のエコーを管理するための Prefer ヘッダーの設定」を参照してください。

Content-Type

ペイロードのコンテンツの種類を示します。値は、Accept 要求ヘッダーに指定された値によって異なります。次の値をとります。

  • application/atom+xml

  • application/json;odata=nometadata

  • application/json;odata=minimalmetadata

  • application/json;odata=fullmetadata

コンテンツの種類の詳細については、「テーブル サービス操作のペイロード形式」を参照してください。

要求に値が return-no-contentPrefer ヘッダーが含まれる場合、応答本文は返されません。それ以外の場合、応答本文は OData エンティティ セットです。

Atom

次の例は、Create Table 操作の Atom 応答です。

<?xml version="1.0" encoding="utf-8" standalone="yes"?>
<entry xml:base="https://myaccount.table.core.windows.net/" xmlns:d="http://schemas.microsoft.com/ado/2007/08/dataservices" xmlns:m="http://schemas.microsoft.com/ado/2007/08/dataservices/metadata" xmlns="http://www.w3.org/2005/Atom"> <id>https://myaccount.table.core.windows.net/Tables('mytable')</id>
  <title type="text"></title>
  <updated>2013-10-24T17:18:54.7062347Z</updated>
  <author>
    <name />
  </author>
  <link rel="edit" title="Tables" href="Tables('mytable')" />
  <category term="myaccount.Tables" scheme="http://schemas.microsoft.com/ado/2007/08/dataservices/scheme" />
  <content type="application/xml">
    <m:properties>
      <d:TableName>mytable</d:TableName>
    </m:properties>
  </content>
</entry>

JSON

制御レベルが異なる JSON の応答ペイロードを次に示します。

完全なメタデータ

{

    "odata.metadata":"https://myaccount.table.core.windows.net/$metadata#Tables/@Element",

    "odata.type":" myaccount.Tables",

    "odata.id":"https://myaccount.table.core.windows.net/Tables('mytable')",

    "odata.editLink":"Tables('mytable')",

    "TableName":"mytable"

}

最小のメタデータ

{

    "odata.metadata":"https://myaccount.table.core.windows.net/$metadata#Tables/@Element",

    "TableName":"mytable"

}

メタデータなし

{

    "TableName":"mytable"

}

この操作を呼び出すことができるのはアカウント所有者のみです。

ありません。

この情報は役に立ちましたか。
(残り 1500 文字)
フィードバックをいただき、ありがとうございました
表示:
© 2015 Microsoft