情報
要求されたトピックは次のとおりです。しかし、このトピックはこのライブラリには含まれていません。

DateTime.Subtract メソッド (TimeSpan)

2013/12/12

このインスタンスから指定した存続時間を減算します。

Namespace:  System
アセンブリ:  mscorlib (mscorlib.dll 内)

public DateTime Subtract(
	TimeSpan value
)

パラメーター

value
型: System.TimeSpan
減算する時間間隔。

戻り値

型: System.DateTime
このインスタンスで表された日時から value で表された時間間隔を減算した値に等しいオブジェクト。

例外条件
ArgumentOutOfRangeException

結果が DateTime.MinValue より小さい値か、DateTime.MaxValue より大きい値です。

このメソッドは、DateTime の値を変更しません。代わりに、この操作の結果を示す値を持つ新しい DateTime が返されます。

通常、DateTime.Subtract(TimeSpan) メソッドは、正の時間間隔を表す TimeSpan オブジェクトを減算し、現在のインスタンスの日付と時刻よりも前の DateTime 値を返します。ただし、TimeSpan オブジェクトが負の時間間隔を表す場合、DateTime.Subtract(TimeSpan) メソッドは、現在のインスタンスの日付と時刻よりも後の DateTime 値を返します。

DateTime.Subtract(TimeSpan) メソッドを使用すると、複数の時間単位 (指定した時間数と指定した分数など) で構成される時間間隔を減算できます。単一の時間単位 (年、月、日など) を DateTime インスタンスから減算するには、負の数値をパラメーターとして次のいずれかのメソッドに渡します。

  • AddYears。特定の年数を、現在の日付と時刻のインスタンスから減算します。

  • AddMonths。特定の月数を、現在の日付と時刻のインスタンスから減算します。

  • AddDays。特定の日数を、現在の日付と時刻のインスタンスから減算します。

  • AddHours。特定の時間数を、現在の日付と時刻のインスタンスから減算します。

  • AddMinutes。特定の分数を、現在の日付と時刻のインスタンスから減算します。

  • AddSeconds。特定の秒数を、現在の日付と時刻のインスタンスから減算します。

  • AddMilliseconds。特定のミリ秒数を、現在の日付と時刻のインスタンスから減算します。

  • AddTicks。特定のタイマー刻み数を、現在の日付と時刻のインスタンスから減算します。

Subtract メソッドおよび減算演算子の例を次に示します。


System.DateTime date1 = new System.DateTime(1996, 6, 3, 22, 15, 0);
System.DateTime date2 = new System.DateTime(1996, 12, 6, 13, 2, 0);
System.DateTime date3 = new System.DateTime(1996, 10, 12, 8, 42, 0);

// diff1 gets 185 days, 14 hours, and 47 minutes.
System.TimeSpan diff1 = date2.Subtract(date1);

// date4 gets 4/9/1996 5:55:00 PM.
System.DateTime date4 = date3.Subtract(diff1);

// diff2 gets 55 days 4 hours and 20 minutes.
System.TimeSpan diff2 = date2 - date3;

// date5 gets 4/9/1996 5:55:00 PM.
System.DateTime date5 = date1 - diff2;


Windows Phone OS

サポート: 8.0, 7.1, 7.0

表示: