Visual Studio 2017 を使用することをお勧めします

デバッグ バージョンのアプリケーションを実行するテスト用コンピューターの準備

 

公開日: 2016年7月

Visual Studio 2017 RC の最新のドキュメントの詳細については、Visual Studio 2017 RC ドキュメントをご参照ください。

Visual C++ でビルドしたデバッグ バージョンのアプリケーションをテストする際は、そのアプリケーションが依存している Visual C++ ライブラリ DLL のデバッグ バージョンをテスト用のコンピューターに配置する必要があります。 配置する必要のある DLL は、「Visual C++ アプリケーションの依存関係の理解」に記載されている手順に従って確認できます。 Visual C++ ライブラリ DLL のデバッグ バージョンには、通常、"d" で終わる名前が付いています。たとえば、msvcr100.dll のデバッグ バージョンには、msvcr100d.dll という名前が付けられています。

System_CAPS_ICON_note.jpg メモ

アプリケーションのデバッグ バージョンは再配布できません。また、Visual C++ ライブラリ DLL のデバッグ バージョンも再配布できません。 アプリケーションおよび Visual C++ DLL のデバッグ バージョンは、Visual Studio がインストールされていないコンピューターでアプリケーションのデバッグとテストを行う目的でのみ、他のコンピューターにインストールできます。 詳細については、「Visual C++ ファイルの再配布」を参照してください。

アプリケーションのデバッグ バージョンと共に Visual C++ ライブラリ DLL のデバッグ バージョンを配置する場合、次の 3 とおりの方法があります。

  • アプリケーションに適したライブラリ バージョンとアーキテクチャのマージ モジュールを含むセットアップ プロジェクトを使用して %windir%\system32\ ディレクトリに特定の Visual C++ DLL のデバッグ バージョンをインストールするには、集中配置を使用します。 マージ モジュールは \Common Files\Merge Modules\ の Program Files または Program Files (x86) ディレクトリにあります。 マージ モジュールのデバッグ バージョンには Microsoft_VC110_DebugCRT_x86.msm のような名前の Debug があります。 配置例については、「チュートリアル: セットアップ プロジェクトを使用した Visual C++ アプリケーションの配置」を参照してください。

  • Microsoft Visual Studio <version>\VC\redist\Debug_NonRedist\ の Program Files または Program Files (x86) ディレクトリにあるファイルを使用して、アプリケーションのインストール ディレクトリの特定の Visual C++ DLL のデバッグ バージョンをインストールするには、ローカル配置を使用します。

    System_CAPS_ICON_note.jpg メモ

    別のコンピューター上で Visual C++ 2005 または Visual C++ 2008 を使用してビルドされたアプリケーションをリモート デバッグする場合、Visual C++ ライブラリ DLL のデバッグ バージョンを共有の side-by-side アセンブリとして配置する必要があります。 セットアップ プロジェクトまたは Windows インストーラーを使用して、対応するマージ モジュールをインストールできます。

  • Visual Studio の [構成マネージャー] ダイアログ ボックスの [配置] オプションを使用して、プロジェクトの出力やその他のファイルをリモート コンピューターにコピーします。 配置例については、「Set Up Remote Debugging for a Visual Studio Project (Visual Studio のリモート デバッグのセットアップ)」を参照してください。

Visual C++ DLL をインストールした後、ネットワーク共有でリモート デバッガーを実行できます。 リモート デバッグの詳細については、「デバイスのリモート ツールのセットアップ」を参照してください。

デバイスのリモート ツールのセットアップ
Visual C++ での配置
Windows インストーラーのコマンド ライン オプション
配置例

表示: