このドキュメントはアーカイブされており、メンテナンスされていません。

方法 : リボンをカスタマイズする

Visual Studio 2005

メモ 必要なアプリケーション

必要なアプリケーションがインストールされている場合にのみ、このトピックの機能を使用できます。

詳細については、「製品の組み合わせごとに使用できる機能」を参照してください。

  • 次のいずれかの開発環境が必要です。

    VSTO 2005

    または

    Visual Studio Team System

    または

    Visual Studio 2005 Professional Edition

  • 開発環境にインストールされている VSTO 2005 SE

  • 2007 Microsoft Office system

リボンにカスタム タブとコントロール グループを作成し、Microsoft Office ユーザー インターフェイス (UI) にソリューションを統合できます。プロジェクトにリボン項目を追加すると、Microsoft Visual Studio 2005 Tools for the 2007 Microsoft Office System (VSTO 2005 SE) は、[アドイン] タブに既定でトグル ボタンを追加するコードおよび XML を生成します。

Noteメモ :

使用している設定またはエディションによっては、表示されるダイアログ ボックスやメニュー コマンドがヘルプに記載されている内容と異なる場合があります。設定を変更するには、[ツール] メニューの [設定のインポートとエクスポート] をクリックします。詳細については、「Visual Studio の設定」を参照してください。

リボンのカスタマイズ

リボンをカスタマイズするには

  1. 2007 Microsoft Office system のアプリケーションにアプリケーション レベルのプロジェクトを開くか、作成します。詳細については、「方法 : Visual Studio Tools for Office プロジェクトを作成する」を参照してください。

    Noteメモ :

    Microsoft Office Visio 2007 および Microsoft Office InfoPath 2007 では、リボンのカスタマイズがサポートされていません。詳細については、「リボンの機能拡張の概要」を参照してください。

  2. [プロジェクト] メニューの [新しい項目の追加] をクリックします。

  3. [新しい項目の追加] ダイアログ ボックで、[Ribbon サポート] をクリックします。

  4. 新しいリボンの名前を "MyRibbon" に変更し、[追加] をクリックします。

    デザイナに MyRibbon.cs ファイルまたは MyRibbon.vb ファイルが開きます。プロジェクトには、"MyRibbon.xml" という名前の XML ファイルも追加されます。

  5. MyRibbon.cs ファイルまたは MyRibbon.vb ファイルの TODO: から始まるコードのコメントを探し、ThisAddIn 部分クラスの定義をコメント解除します。このコードによって、Microsoft Office アプリケーションはカスタム リボン UI を検出し、読み込むことができます。詳細については、「リボンの機能拡張の概要」を参照してください。

    コードをコメント解除すると、次の例のようになるはずです。

    // TODO:
    // This is an override of the RequestService method in ThisAddin class.
    // To hook up your custom ribbon uncomment this code.
    public partial class ThisAddIn
    {
        MyRibbon ribbon;
        protected override object RequestService(Guid serviceGuid)
        {
            if (serviceGuid == typeof(Office.IRibbonExtensibility).GUID)
            {
                if (ribbon == null)
                    ribbon = new MyRibbon();
                return ribbon;
            }
    
            return base.RequestService(serviceGuid);
        }
    }
    
    
  6. MyRibbon.xml ファイルを開きます。

  7. group および toggleButton 要素の label 属性を変更し、リボンのコントロール グループおよびトグル ボタンのラベルを設定します。既定では、グループのラベルは [マイ グループ]、トグル ボタンのラベルは [マイ ボタン] です。

  8. オプションとして、MyRibbon.xml ファイルに XML 要素を追加すれば、リボンにタブ、グループ、またはコントロールを追加できます。リボンにコントロールを追加する場合、追加する各コントロールに対する MyRibbon クラスの onAction コールバック メソッドを定義することも必要です。詳細については、「チュートリアル : リボン上のコントロールからのアプリケーションの自動化」および「リボンの機能拡張の概要」を参照してください。

参照

表示: