このドキュメントはアーカイブされており、メンテナンスされていません。

名前空間の宣言

名前空間は、要素に対して、xmlns: 属性を使用して宣言します。この属性の値は、名前空間を識別するための URI です。名前空間の宣言の構文は、xmlns:<name>=<"url"> であり、<name> は名前空間プリフィックスの名前、<"uri"> は名前空間 URI を表す文字列です。宣言後は、プリフィックスを使用して XML ドキュメント内の要素と属性を限定し、名前空間 URI と関連付けることができます。名前空間プリフィックスはドキュメント全体を通じて使用されるため、短くする必要があります。

2 つの BOOK 要素を定義する例を次に示します。2 つの BOOK 要素は同一のものではなく、それぞれ別の名前空間に関連付けられています。1 つ目の BOOK 要素は名前空間プリフィックス mybook によって限定され、2 つ目の BOOK 要素はプリフィックス bb で限定されています。名前空間プリフィックスは、それぞれの BOOK 要素の名前空間宣言を使用して、それぞれ別の名前空間 URI に関連付けられています。

<mybook:BOOK xmlns:mybook="http://www.contoso.com/books.dtd">
<bb:BOOK xmlns:bb="urn:blueyonderairlines">

ある要素が特定の名前空間の一部であることを示すために、その要素の前に名前空間プリフィックスを付けることによって完全限定要素名にします。たとえば、ドキュメント内に Publisher 要素が存在し、それに対して名前空間が宣言されている場合、Publisher 要素の先頭にコロンと名前空間エイリアスを付ける必要があります。Publisher 要素が mybook 名前空間に属す場合、Publisher 要素は <mybook:Publisher> として宣言されます。これで Publisher 要素が完全に限定されるようになります。

参照

XML ドキュメントにおける名前空間 | 既定の名前空間 | 名前空間の宣言のスコープ | XmlNamespaceManager を使用した名前空間の管理 | XmlNamespaceManager から取得する情報

表示: