この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

Debug クラス

 

公開日: 2016年7月

コードのデバッグを支援するメソッドとプロパティのセットを提供します。

名前空間:   System.Diagnostics
アセンブリ:  System (System.dll 内)

System.Object
  System.Diagnostics.Debug

public static class Debug

名前説明
System_CAPS_pubpropertySystem_CAPS_staticAutoFlush

取得または設定を示す値かどうか Flush で呼び出す必要があります、 Listeners たび。

System_CAPS_pubpropertySystem_CAPS_staticIndentLevel

インデント レベルを取得または設定します。

System_CAPS_pubpropertySystem_CAPS_staticIndentSize

1 つのインデントに含まれるスペースの数を取得または設定します。

System_CAPS_pubpropertySystem_CAPS_staticListeners

デバッグ出力を監視するリスナーのコレクションを取得します。

名前説明
System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticAssert(Boolean)

条件をチェックします。条件が false の場合、呼び出し履歴を見せるメッセージ ボックスを表示します。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticAssert(Boolean, String)

条件をチェックします。条件が false の場合、指定したメッセージを出力し、コール スタックを示すメッセージ ボックスを表示します。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticAssert(Boolean, String, String)

条件をチェックします。条件が false の場合、指定した 2 つのメッセージを出力し、コール スタックを示すメッセージ ボックスを表示します。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticAssert(Boolean, String, String, Object[])

条件をチェックします。条件の場合 false, (単純なおよび書式設定された) 2 つのメッセージが出力、および呼び出し履歴を示すメッセージ ボックスを表示します。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticClose()

出力バッファーをフラッシュしを呼び出して、 Close それぞれのメソッド、 Listenersです。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticFail(String)

指定されたエラー メッセージを出力します。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticFail(String, String)

エラー メッセージと詳細なエラー メッセージを出力します。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticFlush()

出力バッファーをフラッシュし、バッファー内のデータを Listeners コレクションに書き込みます。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticIndent()

現在の IndentLevel を 1 だけ増やします。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticPrint(String)

メッセージ内のトレース リスナーに書き込み、続けて行終端記号、 Listeners コレクションです。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticPrint(String, Object[])

書式指定文字列内のトレース リスナーに書き込み、続けて行終端記号を書き込みます、 Listeners コレクションです。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticUnindent()

現在の IndentLevel を 1 だけ減らします。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticWrite(Object)

オブジェクトの値を書き込みます ToString メソッド内のトレース リスナーを Listeners コレクションです。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticWrite(Object, String)

カテゴリ名とオブジェクトの値を書き込みます ToString メソッド内のトレース リスナーを Listeners コレクションです。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticWrite(String)

内のトレース リスナーにメッセージを書き込みます、 Listeners コレクションです。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticWrite(String, String)

カテゴリ名とメッセージを Listeners コレクションのトレース リスナーに書き込みます。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticWriteIf(Boolean, Object)

オブジェクトの値を書き込みます ToString メソッド内のトレース リスナーを Listeners コレクションの場合は、条件が trueです。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticWriteIf(Boolean, Object, String)

カテゴリ名とオブジェクトの値を書き込みます ToString メソッド内のトレース リスナーを Listeners コレクションの場合は、条件が trueです。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticWriteIf(Boolean, String)

内のトレース リスナーにメッセージを書き込みます、 Listeners コレクションの場合は、条件が trueです。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticWriteIf(Boolean, String, String)

内のトレース リスナーにカテゴリ名とメッセージを書き込みます、 Listeners コレクションの場合は、条件が trueです。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticWriteLine(Object)

オブジェクトの値を書き込みます ToString メソッド内のトレース リスナーを Listeners コレクションです。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticWriteLine(Object, String)

カテゴリ名とオブジェクトの値を書き込みます ToString メソッド内のトレース リスナーを Listeners コレクションです。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticWriteLine(String)

メッセージ内のトレース リスナーに書き込み、続けて行終端記号、 Listeners コレクションです。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticWriteLine(String, Object[])

形式のメッセージ内のトレース リスナーに書き込み、続けて行終端記号を書き込みます、 Listeners コレクションです。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticWriteLine(String, String)

カテゴリ名とメッセージを Listeners コレクションのトレース リスナーに書き込みます。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticWriteLineIf(Boolean, Object)

オブジェクトの値を書き込みます ToString メソッド内のトレース リスナーを Listeners コレクションの場合は、条件が trueです。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticWriteLineIf(Boolean, Object, String)

カテゴリ名とオブジェクトの値を書き込みます ToString メソッド内のトレース リスナーを Listeners コレクションの場合は、条件が trueです。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticWriteLineIf(Boolean, String)

内のトレース リスナーにメッセージを書き込みます、 Listeners コレクションの場合は、条件が trueです。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticWriteLineIf(Boolean, String, String)

内のトレース リスナーにカテゴリ名とメッセージを書き込みます、 Listeners コレクションの場合は、条件が trueです。

If you use methods in the T:System.Diagnostics.Debug class to print debugging information and check your logic with assertions, you can make your code more robust without impacting the performance and code size of your shipping product.

This class provides methods to display an M:System.Diagnostics.Debug.Assert(System.Boolean) dialog box, and to emit an assertion that will always fail. This class provides write methods in the following variations: M:System.Diagnostics.Debug.Write(System.String), M:System.Diagnostics.Debug.WriteLine(System.String), M:System.Diagnostics.Debug.WriteIf(System.Boolean,System.String) and M:System.Diagnostics.Debug.WriteLineIf(System.Boolean,System.String).

The T:System.Diagnostics.BooleanSwitch and T:System.Diagnostics.TraceSwitch classes provide means to dynamically control the tracing output. You can modify the values of these switches without recompiling your application. For information on using the configuration file to set a switch, see the T:System.Diagnostics.Switch class and the Trace Switches topic.

You can customize the tracing output's target by adding T:System.Diagnostics.TraceListener instances to or removing instances from the P:System.Diagnostics.Debug.Listeners collection. The P:System.Diagnostics.Debug.Listeners collection is shared by both the T:System.Diagnostics.Debug and the T:System.Diagnostics.Trace classes; adding a trace listener to either class adds the listener to both. By default, the T:System.Diagnostics.DefaultTraceListener class emits trace output.

System_CAPS_noteメモ

Adding a trace listener to the P:System.Diagnostics.Debug.Listeners collection can cause an exception to be thrown while tracing, if a resource used by the trace listener is not available. The conditions and the exception thrown depend on the trace listener and cannot be enumerated in this topic. It may be useful to place calls to the T:System.Diagnostics.Debug methods in try/catch blocks to detect and handle any exceptions from trace listeners.

You can modify the level of indentation using the M:System.Diagnostics.Debug.Indent method or the P:System.Diagnostics.Debug.IndentLevel property. To modify the indent spacing, use the P:System.Diagnostics.Debug.IndentSize property. You can specify whether to automatically flush the output buffer after each write by setting the P:System.Diagnostics.Debug.AutoFlush property to true.

To set the P:System.Diagnostics.Debug.AutoFlush and P:System.Diagnostics.Debug.IndentSize for T:System.Diagnostics.Debug, you can edit the configuration file corresponding to the name of your application. The configuration file should be formatted as shown in the following example.

<configuration>
  <system.diagnostics>
    <trace autoflush="true" indentsize="7" />
  </system.diagnostics>
</configuration>

The T:System.Diagnostics.ConditionalAttribute attribute is applied to the methods of T:System.Diagnostics.Debug. Compilers that support T:System.Diagnostics.ConditionalAttribute ignore calls to these methods unless "DEBUG" is defined as a conditional compilation symbol. Refer to a compiler's documentation to determine whether T:System.Diagnostics.ConditionalAttribute is supported and the syntax for defining a conditional compilation symbol.

System_CAPS_noteメモ

In Visual Studio C# and Visual Basic projects, by default, the "DEBUG" conditional compilation symbol is defined for debug builds, and the "TRACE" symbol is defined for both debug and release builds. For information about how to disable this behavior, see the Visual Studio documentation. For information about conditional debugging in Visual C++, see Debug Class in Visual C++.

To define the "DEBUG" conditional compilation symbol in C#, add the /d:DEBUG option to the compiler command line when you compile your code using a command line, or add #define DEBUG to the top of your file. In Visual Basic, add the /d:DEBUG=True option to the compiler command line or add #Const DEBUG=True to the file.

The following example uses T:System.Diagnostics.Debug to indicate the beginning and end of a program's execution. The example also uses M:System.Diagnostics.Debug.Indent and M:System.Diagnostics.Debug.Unindent to distinguish the tracing output.

// Specify /d:DEBUG when compiling.

using System;
using System.Data;
using System.Diagnostics;

class Test
{
    static void Main()
    {
       Debug.Listeners.Add(new TextWriterTraceListener(Console.Out));
       Debug.AutoFlush = true;
       Debug.Indent();
       Debug.WriteLine("Entering Main");
       Console.WriteLine("Hello World.");
       Debug.WriteLine("Exiting Main"); 
       Debug.Unindent();
    }
}

ユニバーサル Windows プラットフォーム
8 以降で使用可能
.NET Framework
1.1 以降で使用可能
ポータブル クラス ライブラリ
サポート対象: 移植可能 .NET プラットフォーム
Silverlight
2.0 以降で使用可能
Windows Phone Silverlight
7.0 以降で使用可能
Windows Phone
8.1 以降で使用可能

This type is thread safe.

トップに戻る
表示: