ODBC の概要

Microsoft Open Database Connectivity (ODBC) は、業界標準のインターフェイスで、Microsoft(R) Windows(R) Open Services Architecture (WOSA) のコンポーネントです。ODBC インターフェイスを使用して、アプリケーションはさまざまなデータベース管理システム (DBMS) からデータにアクセスできます。ODBC が許可する相互運用性を最大限に利用して、アプリケーションは 1 つのインターフェイスを使ってさまざまな DBMS のデータにアクセスできます。その上、アプリケーションはデータをアクセスした DBMS からは独立しています。アプリケーションのユーザーは、ドライバと呼ばれるソフトウェア コンポーネントを追加できます。このドライバが、アプリケーションと特定の DBMS 間のインターフェイスを作成します。

表示: